愛しいものは抱きしめよう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しいものは抱きしめよう **

ありのままの私を愛して幸せになる方法

TOURNESOL

伝えたいのは、あなたらしく生きていくこと

今の素直な気持ち…


たくさんの人に見て欲しい!とは
言いません。言えません。(笑)

でも、私の素直な気持ちを言いたくて。
伝えたくて。

…そして、残したくて。

どうか、ブレそうになった時
自分の芯がわからなくなる日が来た時

ここに立ち返って、
初心に戻れる私でありますように。




実家に一週間ほど帰省してた最近。
親と少しだけ真剣に、今後のことを
考えました。

正直、帰るまでは
自分の仕事とか、生活とか、恋愛とか
今後のことうんぬんかんぬんとか

…言われること、うるさいなって思ってた。


だって私は上京してもう5年目になるわけで。
その間ずっっっっと1人で生活してきたわけで。


思い返せば、学生の時

狭い鳥籠が大嫌いで(=実家

狭い狭いこの世界から

早く出たいと願ってた。

大学も、正直

少し名前の通ってる場所で

関西に出られる場所ならよくて


なんとでも言えたその時の私は
夢中でその大学に入るために
勉強して、勉強して、勉強して。


やっっと掴んだ夢への切符。
それもいつの間にか、
なんとなく毎日生活できれば
いいかなぁくらいに変わっていって。


毎日バイトした。
毎日彼氏と会って
毎日友達と騒いだ。

学生にしかできないって
言われてることは
片っ端からやってみて。


誕生日を祝ってくれる友達ができた時

〝都会に出てきてよかったなぁ〟

って心から思った。



……だけど、

守るべきものができて。

失いたくないものができた時

私は本当に大切なもの

なんなのか少し見失ってしまって。



自分に都合のいいことだけしてた。

自分に都合のいい人とばかり遊んで、

自分を理解してくれる人を大切にできたら

それでいいやって思ってた。


………だからかもしれない。



気付いたら、その人だけ
その生活だけ、を

大切にするようになって。


〝自分が本当はどうしたいか〟なんて

二の次だった。



私はいつの間にか

狭い鳥籠の中からちゃんと出て

広い世界を飛び回れた気がしていたけど




広い世界を飛び回るのには


まだまだ理解もエネルギーもたりなくて


ガス欠のまま突っ走って


最後は、大切なものさえも

守れなかった。


弱い自分のままで

きっと空を飛んでたんだと思う。





社会人になってもう3年が過ぎたけど

本当にやりたいこと、なんて

正直全然見えなかった。


だけど広い世界の中で

私は誰よりも世間体を気にしていて


広い世界の中で

必死に必死にもがいてた。



3年働いてみても

正直なにも見えない。わからない。

大切な人を失った痛みは消えない。


だから、そんな一瞬一瞬を

輝かせたくてカメラを撮ったのかもしれない。




今までたくさんの人に出会って

たくさんの場所に行った。


カメラ一つ、あればそこは

何時間でもいれるオアシスになったし


カメラで繋がったたくさんの人との

撮影会は楽しかった。



でも、

弱い私のままの私は

やっぱりどこまでいっても

弱いままだった。


強いふりをしていただけで、

そこには

学生の時と変わらない幼い自分がいて


ただ身についたのは

自分を他人から守る鎧ばかりで

その鎧がだんだん重荷になって

押し潰されそうになってたんだと思う。




親と話をした。

話をしようと思ったその数分で


涙が溢れてたくさん泣いた。


こんなに親の前で

子供みたいに泣くのは

久しぶりだった。



都会に出てきて5年間、


〝帰りたい〟と思ったことはあるけど


〝帰らなきゃいけない〟と使命感を持ったことは

たぶん一度もなくて。


それは、両親が


私が好きなことをできるように


陰で見ていてくれたおかげなんだと知った。



一人で生きてるわけじゃないって


いつも誰かにそう言ってたのに


自分が誰かに言われたら


涙が出るほど嬉しかったんです。






正直、大阪に

都会に

広い世界に


全くもって未練がない!とは言えないけど




それでも

いつか帰りたいと思ってたこの場所に


帰ることができるのがいまは


正直すごく嬉しくて。



カメラは続けようと思います。


被写体活動も、大阪にいる間は

しっかり頑張ろう、と思うけど



鳥取に帰ってその魅力を


またファインダーを通して


みんなに伝えられたらいいなと


そんな風に思う毎日です。





今まで、大阪で出会ってくれて

一緒に写真を撮ってくれて

たくさん思い出を作ることができて


ほんっとうに!幸せでした!


みんなありがとう。





…あと2ヶ月くらいしか

もうこの場所にはいられないけど


きっとまえむきで

キラキラで

素敵な毎日が待ってるはずだから


わたしはこっちで頑張ろうと思います😳🍒







みんなにあえて最高に幸せ♡


最後まで読んでくれて、
どうもありがとうございました!





chinami *