愛しいものは抱きしめよう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しいものは抱きしめよう **

ありのままの私を愛して幸せになる方法

TOURNESOL

伝えたいのは、あなたらしく生きていくこと

明日からでもなりたい自分にはなれる。

昨日。

久しぶりに。


ちょっと深い話をしていて。




「明日からでもなりたい自分にはなれますか?」



と、聞かれたら



「なれます。
でも、とても難しいでしょう。」


と、答えてしまう気がします。




人は、

生きていく中で

自分の通った道しか

振り返ることが出来ないと言われています。


だから、

自分が経験したことや

自分がその時感じたことや

自分がその時行動したことで


全てのパターンが構成されて、

読み取られて、



「あ、次こうしたらこうなるな」

とか

「あ、次こうしたらたぶんまたそうなるな」

とか


ありもしないものに
想定パターンを重ねてしまうそうです。





人に裏切られて傷ついた人が

人を裏切る人になってしまったり


人を信じて傷ついた人が香りで

もう人を信じられなくなってしまったり





それも全部


「こうしたら、こうなった」


っていう、結果論から導き出す肯定で


たった一つの行動パターンで


すべての物事を決めてしまう癖が

実は知らず知らずに小さな頃から

私たちには誰しもあるようで。





私は、昔それを「個性」と呼び、

それが自分の「価値観」と呼んで

大切にしていたのだけれど。




今は、思う。



その「価値観」ってなんだろうって。


その「価値観」ほど

くだらないものはないだろうって。




結局「価値観」なんて
自分からの見え方ひとつです。

独りよがりです、すごく。


よく恋人で

「価値観が合わなかったから別れた」

ってあるけれど、


お互いの価値観なんて

お互いの見え方なんて

そんなの他人が共有できるはずもなく



それを譲歩し合うことが


それを話し合うことが


それを求めないことが


愛し合うことじゃないのかなって


なんとなく、今はそう感じる。



なりたい自分になりたい。


と感じたら


まず、「価値観」をなくしてください。



自分ひとりから見る景色を

違う誰かから見た景色に

少し、置き換えてください。




そう言われて、


「はい。すぐにやります。できます。」



って人、いないと思うんだよね、だって。




自分の価値観は自分ひとりの見え方だから

他の人の視点で見るためには


色んな人の考え方や

色んな人の経験や

色んな人との関わりがないと


見え方すら、わからないから。




だから私は、


いろんな人と会いたいし

もっと話したいし、

仲良くなりたい人とは、
毎日でも言葉を重ねたい。



世界中のどこにいたって

今、会いたい人とは今、会いたい。





そう思ってます。






独りよがりの価値観は、寂しい。

そこに集まってくれる

同じ価値観の人たちとの時間は

安らぎをくれるけれど


それだけだとなんだか、虚しい。





全部合わせなくてもいい。

譲れないところがあってもいい。



でも、


結局「自分」を創り上げているのは

「自分」以外の誰でもないこと。



今、やれない理由を探してるのは

周りの環境でも

他の誰かでもなく


「自分自身」

だってこと。






見え方が変わると

世界が変わって

世界が変わると

関わる人たちも変わって


どんどん幅広くなっていく自分を

どんどん認めてあげて


どんどん自由を許してあげたとき

はじめて、「あ、変われたな」って


そう思える日が来るんじゃないかなぁ、と *












なりたい自分がそこにいるのなら


明日からでも

なりたい自分にはなれます。



なりたい自分になるためには

今日からの積み重ねが大切です。







でわ、また。