愛しいものは抱きしめよう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しいものは抱きしめよう **

ありのままの私を愛して幸せになる方法

TOURNESOL

伝えたいのは、あなたらしく生きていくこと

敏感肌の私が変われた、オーガニック化粧品との出会いを語る。

 

 

 

こんばんわ、ichです。

 

いつもブログを読んでくださるみなさん、

読者登録してくださった方々、

本当にありがとうございます(..◜ᴗ◝..)

 

 

このあたりで一度自己紹介をしたいな…と

思っていて、私が何者であるか!というのは

大して重要ではないと思うので

今何をしていて、何をしていきたいかと

その想い、みたいなものをお話できれば

と思います。

 

わたしは今、ずっとしていたアパレルの仕事を

辞め、フリーで活動をしています。

 

フリーで活動、といえば聞こえはいいですが

社会不適合者

と言われたこともありますし

自分でもそう思っています(笑)

 

いわゆる、ニート、フリーターの世界。

 

正社員で黙々と働いていた私には

縁のない世界だと思っていました。

 

社会で働くことは偉いことである。

毎日決まった時間に出社、毎日決まった作業、自分が追い込まれれば追い込まれるほどに増えていく残業。どれだけ残業したかがもはや会社の、個人のステータス…

 

こんな考え方だった私からすれば

フリーターで呑気にやってる人なんて。

そんな偏見さえあったのかもしれません。

 

どうせ実家に住んでるんだろうな、とか

親に甘えてるんだろうな、とか。

 

奨学金を借りてでも

行きたい大学に行き

住みたい場所に住む。

 

自分で決めたはずの進路が

いつの間にか重荷でした。

 

すべて捨てて地元に帰れたらどんなにいいか。

すべて投げ出して帰れたらどんなにいいか。

 

ずっとそんなふうに思って、

ひがんで、

歪んだメガネで人を見て

 

そんな自分のことが

嫌いでした。

好きになれなかった。

 

笑顔で人のために働きたい!と

思って入社した会社で

成果を出せずにいる自分がいる。

 

笑顔で人の役に立ちたい!と

思って入社した会社で

わたしは、笑顔になれないままでした。

 

仕事はやりがいもあったし

それなりに仲間もいたけれど

それでも自分が今後どうやって生きていくか

ビジョンなんてまるでなかった。

 

そんな私を変えてくれたのが、

フリーターの道のきっかけにもなった

オーガニックエステとの出会いでした。

 

ボロボロだったお肌

私は元々、アトピー体質で、腕や足に

蕁麻疹が出ることもあったし

皮膚の薄い部分は季節の変わり目になると

必ず荒れてしまって、皮膚科のお薬を塗るのが

毎日の日課でした。

 

社会人になり、化粧をするようになって

仕事の忙しさもあり帰ればベッドにダイブする

日々…

化粧を落とさないなんてしばしば。

そのまま寝てしまうことが週に何度もありました。

 

元々肌質が弱かったわたしは

化粧品を落とさないで寝ることの効果を

敏感にもキャッチし、翌日は肌がボロボロ。

 

でもアパレルだから、

ごまかすために化粧をする。

 

その繰り返し。

 

そんなある日、たまたま友達のお姉さんが

しているセルフエステの会に参加したことで

わたしの人生に「オーガニック」という

新しい概念が生まれたのです *

 

オーガニックという言葉に出会って

 

 

f:id:mw400813:20170317005150j:plain

 

 

 

それまで、わたしは、オーガニック

という言葉にすら「?」という

かなり無頓着な女性でした(笑)

 

肌が弱かったり、アトピーなこともぜんぶ、

それは薬が治してくれることだと思っていたからです。

 

でも、実際は

薬は炎症を抑える一時的なもの

であって、

 

その原因を治さない限り、

わたしの肌との戦いは永遠に続く

 

ものだということを、

オーガニック化粧品という言葉に出会って

初めて知りました。

 

 

例えば、みなさんも

 

その時はいい、と思った買った化粧品が何ヶ月後かにはほとんど効果を実感できなくなる

 

という経験はお持ちではないでしょうか?

 

それは、

 

一時の効果を実感できたとしても肌そのものの力が弱いため、効果を持続的にキャッチできない

 

 

というところに原因があります。

 

私たちは、この、肌そのものの力、を

肌力 と呼んでいます。

 

もう少し簡単に言うと、

 

肌力が育たない限り

いくら良い化粧品を使っても

肌そのものを良くすることは出来ない

 

ということ。

 

一本1万円の化粧品でも

一本10万円の化粧品でも肌力がなければ

効果はほとんど変わりません。

 

つけた時のテクスチャがいい、とか

なんか潤ってるように感じる…という

 

その時の価値だけにお金を払うのなら

 

一生続くお肌そのももの価値にお金を払った方が

合理的だと、その時私は思ったのです。

 

寒天とハーブでできたオーガニック化粧品

 

http://www.sandersperry.jp/Portals/0/images/ourconcept/concept/photo_bottle.jpg

 

 

オーガニック化粧品というものを

学習した私は、しかし、それが

日本では全く規制のないものになっている

という残念な情報も同時に知りました。

 

思い返してみると、ドラックストアや

化粧品売り場でオーガニック化粧品

と書いてあるポップや化粧品を

たくさん見かけたことは

あるけれど、

 

じゃあ一体どれがいいの?

 

と考えた時に、

正しい選択肢は知りませんでした。

 

今の日本は、

例えば成分表記にという言葉があれば

その時点でオーガニック化粧品

販売されることに対して、

なんの決まりも規制もないのため、

 

書いて売れるから書いてしまおう

 

という商売方法も、許されてしまうのが

現状なのです。

 

 

でも、それを、

 

本当に肌が弱くて困っている人たちに

自信を持って進めることが出来るのか?

 

または、その化粧品を

 

 

本当のオーガニック化粧品だと

思って使っている人がいるならば?

 

 

  

答えは、自ずと出てきますよね。

 

 

 

これから紹介するサンダースペリー化粧品は

 

化粧品には必ず含まれている

界面活性剤という成分を

「寒天」で代用することで

肌への負担をなくし、

 

「ハーブ」を使用した

自然な香り、と、テクスチャに

こだわったナチュラルオーガニックの最高峰

であり、最も本質にこだわったお化粧品です。

 

 

→実際にサンダースを愛用している方に

インタビューしてきました。

www.radflumpool.com

 

  

 

ハリントン博士から生まれた愛情の化粧品

 

わたしが、このサンダースペリー化粧品

を知った時、一番最初に感じたのが

人の想い でした。

 

サンダースペリー化粧品の生みの親である

ハリントン博士は、当時まだ13歳。

 

肌の弱かったお姉さんのために、

誕生日プレゼントとして、お庭にあるハーブを

使い、自宅のキッチンでクリームをつくったのが、サンダースペリーの誕生とも言われています。

その後、ハリントンは研究に情熱を捧げ、

多くの敏感肌に悩む人たちを救うと共に

オーガニック化粧品を世に知らせました。

 

しかし、26歳という若さでこの世を去り、

プレゼントでクリームをもらった張本人、

姉のパメラさんにより、サンダースは

受け継がれ、 その後、

㈱ネイチャーズウェイの現会長により

日本へと引き継がれた歴史があります *

 

当時、日本はケミカル化粧品が大ブーム。

オーガニックコスメなんて言葉に

誰も耳を傾けませんでした。

 

そんな中、今日までの43年間

一度もサンダースが

途切れることなくいまこうして

この世の中にあるのは

 

敏感肌やアトピー肌に悩む全ての人たちの綺麗

 

に、サンダースペリー化粧品が

欠かせない存在であること、

そして、それを伝え続けてくれた人たちが

いたということ。

 

その人から人へ伝わる想い

胸を打たれるものがありました。

 

 

敏感肌は誰よりもキレイになれる肌

 

わたしはサンダースペリー化粧品に出会ってから、今の仕事を辞める決断をして、

エステの資格をとり、美容0からの知識を

学ぶと共に、経験値を積むために

100人には100通りの肌がある

という考えから、

100人チャレンジ

というものをスタートさせました。

 

8月9月10月...と、毎日お客様の予約をとり、

連絡をとり、一回2000円のモニター価格で

施術をさせてもらう日々。

 

楽しかったし、幸せでした。

 

でも、伝えることは難しかった。

 

特に、私のような20代世代は

元々肌がまだ綺麗な状態の人が多いため

オーガニックコスメ、というものに関しての

興味関心はあれど、

「まぁ、また別の機会でもいいかな…」と

考えている人も多いと思います。

 

その事実を、販売しながら

エステをしながら

実感していくことが辛かった。

 

こんなに綺麗な肌を、この先、

守り続けていけるお化粧品はそこにあっても、

 

それを説明できない自分

伝えることができない自分

 

が、無力で情けなかった。

 

23際という年齢。

周りには、

「別にこの道じゃなくても

まだまだ色んな道はあるんじゃない?」

と言われます。

わたしも、そうだと思う。

 

でも、

 

 

という声を聞いて、ハッとした。

 

まだまだ、この世の中には

敏感肌に悩む人や

アトピーで化粧ができない人だって

たくさんいるんだってこと。

 

そして、わたしが伝え続けてきた

人たちの言葉も。

 

 

 

 

伝え続ければ、伝わる

 

 

これって本当にそうで。

誰かが諦めてしまったら

誰かからのバトンは繋げなくて。

 

わたしが諦めてしまったら

わたしを囲む周りの人たち、

わたしの大切な人たちへの、

バトンは無くなってしまうってことで。

 

 

この商品がいいよ!ってことなら

誰だって言えると思います。

でも、

わたしはサンダースで人生が変わったし

背中を押してくれるお客様にも出会えたし

なにより、クレンジングをするたびに

気持ちをいつも明るくさせてくれる

そんなお化粧品だと実感することができた。

 

大好きな大好きな商品だからこそ

大切に大切に伝えていきたい。

 

改めて、そう思うことができました。 

 

いままで、表立って

「わたしの仕事は〇〇です。」

ということはできても

「わたしのやりたいことは〇〇です。」

 

と、言うことはできなかったけど。

 

わたしのやりたいこと、なりたいこと

叶えたいこと、目指してる未来は

 

きっとこの先も変容しながら、それでも

 

サンダース化粧品と共にある。

 

これだけは、断言できると実感しています。

 

 

2017年、頑張りたいことはたくさんあるけど

その一個に、もちろんサンダースも。

これからも、もっともっとたくさんの

敏感肌に悩む女性たちに

このお化粧品を大切に、

伝え続けていけますように …

 

 

最後に…

 

冒頭で述べていたフェイシャルエステ

100人チャレンジを再開いたします!!

 

サンダースペリー化粧品を使った

オーガニックエステを体験してくださる方を

大募集しております。

 

このブログ読んで少しでも興味を持ってくださった方がいらっしゃれば、

ご協力頂けると嬉しいです。

 

他にも、綺麗になりたい方や

オーガニック化粧品に興味がある方も

大歓迎です。

 

勧誘などは一切ございませんので

安心してお越しくださいね(*ˊᵕˋ*)

 

 

 

 

モニター価格2000円 90分(カウンセリング込)

ところ *PLA大阪本校ミニサロン(野田駅)

               または

              *エステサロン tournesol(京橋駅)

 

興味のある方はこちらの

LINE@より、ご連絡くださいませ。

 

友だち追加(サロンは完全予約制になります)

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました! !

 

読者登録も、よろしくお願いします😊