愛しいものは抱きしめよう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しいものは抱きしめよう **

ありのままの私を愛して幸せになる方法

TOURNESOL

伝えたいのは、あなたらしく生きていくこと

今年は憧れのカメラ女子になろう!初心者さんのカメラ入門とアプリのすすめ


🎍HAPPYNEWYEAR✨

あけちゃいましたねぇ、

2017年

本年も、よろしくお願いします!!🌟



今日は、Twitterでも質問の多かった



使ってるカメラと撮り方教えていただきたいです !


画像の説明文


という質問にお答えしてっ


使っているカメラ
撮り方のポイント


をまとめてみました〜 🌟


2017年、なにか趣味が欲しいな…
新しいこと始めたいな…って方の
参考になれば嬉しいですっ!
ではいくよ 〜〜 🐻🌟



カメラを始めたくなったら

日々移り変わる景色、一緒にいる人との思い出、旅行やお出かけには欠かせないと言われているカメラですが…

色々なカメラがありすぎてわからない!!
始めたいけど全く知識がなくて…

という不安、ありますよね??😭

実際、私もそうでしたし
カメラの色々な知識なんて
正直ぜんっぜんわかっていませんでした …

(笑)


ただ、

なにか趣味が欲しい!
カメラを始めたい!!

という気持ちだけで
電気屋さんや大型カメラ店に
駆け込んだのは覚えてるなぁ…🐣🐔


今この瞬間にも、

新しい技術は生まれているし

新しいカメラも開発されている

ってことは、
技術や知識よりもはるかに便利で有能なカメラたちは日々生産されてるってこと!

だったら知識なんて後でついてくればいい
話なんですよね 🌟

始めたいが吉日です

やりたいと思ったらその時に動く🌟
直感を大切に、カメラライフを始めちゃいましょうっ!

まず何から調べるべき?


カメラで一番最初に調べるべきポイントは

使いやすいかどうか

この1点だけです。(笑)



わたしの使っているカメラはこちら。




これも何を重視したかといえば

  • 機能性
  • 使いやすさ
  • デザインの可愛らしさ


この三つだけです(笑)


わたしはまずカメラ屋さんに行ったタイミングで

どのカメラが使いやすか、
どのカメラが軽くて持ち運びしやすいのか

徹底的に重視して考えましたw



カメラを始めて今年で三年目ですが。


持ち運びのしにくいカメラは持っていく気力にならない

これはほんとにそうだなぁ、、と
日々実感しております (笑)


OLYMPUSはミラーレス一眼なので

綺麗な画質と高性能なスペックをもちつつ
本体が軽く、持ち運びがしやすいのがポイント。

Kiss や Canon も
おなじことがいえますが

それでもやっぱり、ボディの軽さデザイン性でいえば、OLYMPUSがダントツですっ!


ちなみに、私の友達が持っている
こんなタイプのカメラもおすすめです。



ricoh は、カメラメーカーのサイトに行くと
色々な意見がありますが (笑)


個人的には超軽量で持ち運びしやすく
画質も綺麗なので、初心者さんにも
オススメできるなぁ、と。

(ちなみに私の友達はこのカメラでとんでもなく良い写真撮ります。(笑))


長く付き合うカメラではありますが
最初は何より手軽さ、何度でも持って行って
気軽に撮れる点に着目した方がよいなぁと
個人的には思います 😌💭



OLYMPUSの強み

わたしが強気で記事を書けるのは
自分が使ってるOLYMPUSだけ…(笑)

ですが!すこしでもこれを読んでる人たちの
参考になればいいなってことで
【メーカー別違い】デジタル一眼カメラの各メーカーの特徴比較 | カメラ選び&購入のポイント
こちらの記事もおすすめ。

(各種カメラメーカーでの比較、長所などを書いてくれています)


ちなみに、OLYMPUSの強みはこちらでした。



オリンパスのカメラの特徴3点


•画像センサーの「フォーサーズ」規格の小柄なボディなカメラ。
•女性ユーザーも多い、オシャレなデザイン。
•砂ぼこり、雨風に強い防塵防滴仕様のカメラが多い

こんなカメラが欲しいならオリンパス

•ゴツくて、重いカメラではなく、オシャレで気軽に使える高画質なカメラが欲しい。
•女性でもファッション感覚で持ち歩ける本格カメラが欲しい方。
•砂ぼこり、雨風に強い防塵防滴仕様のカメラがほしい。


ぜひぜひ、OLYMPUSユーザーさんが増えてくれることを願ってます~!



撮り方のコツ

撮る題材


撮りたいものが、「風景」なのか
「人」なのか「物」なのかによって
撮り方は大きく変わっていきます。


しかし、一番大事なポイントは、

一番どこが見せたいのか

ということを考えることです。


風景写真なら、どのポイントを映すか
よりも全体を、、となるだろうし


逆に、物や人なら

「ここは見せたい!!」というポイントを

絞って撮ることが
一番の上達ポイントになります(*ˊᵕˋ*)!



(構図の勉強ならこちら)☟☟☟

カメラ初心者にオススメな12の構図でデジタル一眼レフで撮影した写真を魅力的に見せよう | 株式会社LIG


構図を理解して撮ることは
上達には一番のポイントになるので
初心者の方や、プロになるつもりない…

って方も、一度読むのはおすすめします。


でも、構図や撮り方にこたわって

写真が楽しくない…

となるくらいなら、
まずは、自分が思うように撮ってみて

その写真から、何を伝えたいのか
どんな瞬間を切り取りたいのか

ちゃんとわかるかなー??と
考えてみた方が楽しいと思います( ´ u ` )






写真はただ撮って終わるものではなく、その瞬間を誰かや何かに伝えるもの



だと思ってます。
もちろん自分の中に綺麗に残る思い出としても
綺麗な写真って嬉しいものです *


レタッチをしよう!


撮り方のコツを少しずつ掴んだら

必ず レタッチ というものを
していきましょう。

正直、このレタッチ作業をするか、
しないかで、写真が全然違ってきます(笑)


レタッチとは、カメラで撮影したままの状態から、写真を修正したり、また撮影者の表現イメージにより近づけるよう、パソコン上で行う修正作業のことです。 レタッチソフトを使えば、画像上の簡単な修正から表現イメージの追い込み仕上げ、さらには画像を合成するような加工まで、様々なことが行えます。


簡単に言うと、

元の写真が曇りだとしても
レタッチで明るくしたり

人の顔が暗くなっていても
明るい顔色にすることも
簡単に出来てしまうのです( ´ u ` )
レタッチってすごい…




ちなみに、わたしは全部
iPhoneに入っているレタッチアプリで
レタッチをしています!!
(MacBookとかあればめっちゃ便利なんだけどね…)


今日はその中でもメインのものをいくつか
ご紹介 〜 ✩



まずは、こちら。
もう鉄板ですね〜 vsco !

これは、元々プリセット(本来は自分で色味やトーンを調整するもの)が入ってくれてて
そのプリセットを設定しなくても
選ぶだけでプロ仕様の仕上がりになる!
というめっちゃスグレモノです!!!!


例えばこちらの写真。


撮って出しはこんな感じ。

色味とかも普通… (笑)


これがvscoのプリセットにかかると!






こんな深みのある色合いに!!!

ね!すごいでしょ!??





この写真や、



この写真なんかも
vscoのプリセットを使用しています。

私の場合は、プリセットの後に
詳細設定をすることができるので、


そこで、露出や明瞭度などを
調整して、使用しています(^ω^)





また、露出や明瞭度をしっかり
理解している方におすすめなのは…





有名なカメラマンさんや
lovegrapherさんも使用している

Photoshop !!!(めちゃめちゃ有名です)



ただ、こちらは有料になってしまうことや
アプリではやりにくい…という声もちらほら
聞こえますので、初心者さんやそんなに
慣れてないんだよな…って方には
先ほどのvscoをおすすめします(*^^*)


最初はちんぷんかんでなにもわからない〜
という状態でも、アプリを使っていくうちに

「あ、こうすれば明るくなるのか!」とか

「あ!こうすれば色味が綺麗に出るのか!」

とわかってくるので(笑)


いろんな知識を得るよりもまずはレタッチで
行動しちゃった方が早いと思います✩


「カメラ アプリ おすすめ」

とかで検索してもたくさん出てくるので
なんでもダウンロードしてみて
自分が好きなプリセットや、
自分の好きな加工を見つけるのもよしです!


構図にはある程度の正解がありますが

レタッチには正解はない

ので、思うままに自分だけの色味を探してみてくださいね(^ω^)




〜応用編〜

レンズって変えた方がいい?

ここからは応用編です!
よく、「レンズって変えた方がいいですか?」
という質問をいただくんですか、

レンズは、ある程度慣れてきた後でいいと思います。(笑)

いまは、レンズ付きのカメラがほとんどですし
たくさんレンズを持っていたからといっても
いい写真が撮れるかはその人の技量なので
最初の段階から持ってた方がいい!とは
いえないですが…


ただ、
レンズによって撮れる写真は格段に変わる

は本当です。

とくに、単焦点レンズは、
カメラでTwitterをしていたり
趣味にしてる人が多く持っているレンズです!



簡単に言うと、ボケがすごく綺麗にでるのが
単焦点レンズです。




このうしろの背景のボケは
単焦点レンズじゃなきゃ出せないものだったりします。

(レタッチである程度なんとかなるけど…)


これから本気でカメラをしたい!とか
もっとキラキラふわふわな写真を撮りたい!
と思う方には、単焦点レンズもおすすめですが

普通に写真を楽しむだけなら
元のレンズでも全然大丈夫です(*ˊᵕˋ*)





デジタルカメラ以外の魅力


今回は、デジタルカメラの魅力をお伝えしたのですが、最近私がハマってるのはもっぱら

フィルムカメラです。

フィルムカメラは、フィルムならではの色合いと、現像するまでの待ち時間が、デジタルカメラにはない魅力で、最近ではファンも増えているカメラになります(^ω^)


しかし、こちらのフィルムカメラ、
カメラの使い方をしっかり理解していないと
最初はほんとに苦戦 …!!

そしてなにより、フィルム代というのが
かかってくるので、コスパ的には
デジタルカメラには勝てません(;;)

総合的に見ても、最初はデジタルカメラを
はじめて、サブカメラとしてフィルムを
使う…という流れが一番自然かなぁと思います
(*´`)


ちなみに、わたしは最初のカメラを買う時
中古や、ネットアプリからも探してました!

新品が必ずしも良い、わけではなく
最初の1台を絞ったら安く仕入れても
全然良いと思います(^ω^)

この記事を参考に、
全国にカメラユーザーさんがすこしでも
増えてくれれば嬉しいですっっっ♪♪