2018年の目標は…「こじらせ女子」卒業!?2017年の恋愛遍歴まとめてみた

ABOUTこの記事をかいた人

ich(いち)

「地方を旅するエステティシャン」として、特定の家を持たずに地方を渡り歩く生活をしています。 女の子に向けた恋愛相談や美容に関するお悩み相談が得意。 そろそろ結婚したい24歳女子です。

こんにちわ、地方を旅するエステティシャンich(いち)です。

本日12月31日、はやいもので、もうあと数時間後には新しい年がやってきますね😊

このブログも1月2日で運営開始から丸1年が経とうとしています。

ich
ブロガーたるもの、こういう時は一年の振り返りをすべき!?

と思ったのですが…

スポンサーリンク

「こじらせ女子」がブランディングにならない一年だった

去年このブログを開設した時、「オピニオン」を決めるにあたって、自分の経験したことや伝えたいことしかかけないって思ったんですよね。そして、その時ボロッボロに傷ついていた失恋の経験から、こじらせ女子に向けたブランディングをしようって決めました。

補足

オピニオンとは、自分が届けたい読者層(ターゲッター)のことをいいます

ich
そう、最初はブランディングのつもりでした、本当に…

しかし気づけば、彼 氏 い な い 歴 も3年目に突入・・・

ブログを読んでいる読者さんや初めて出会う人にも、

いちちゃんの〝こじらせ女子〟ってブランディング?

と聞かれても、あながち嘘じゃないから笑顔で返せない・・・なんてこともしばしば。(笑)

ich
最初はブランディングだったのに、本当にこじらせてしまっている…

ということに気付いた2017年。(笑)

せっかくだから、そんな私のこじらせ具合もお届けするべく、私の2017年の恋愛遍歴と共に一年を振り返っていこうと思います。

出逢いが異常に増えた年|ブロガー界隈の男性の多さにびっくりだった

去年私がブログを開設した一月頃、ブロガー界隈って男性が本当に多かったんですよね。

(2月に開催した #やぎぺーを囲む会 の写真より。今をトキメクブロガーたちが勢揃い)

主催した私と右端の女の子を除いて、参加者の男性率は100%(笑)

一瞬でチケットが売れてしまったので、八木さんの影響力の凄さも感じると共に、

ich
女の子の知り合いが欲しい・・・

と切実に思ったのを覚えています。(笑)

ただ、この時 圧倒的に女の子が少ない + 八木さんのインフルエンサー力 のおかげで知り合いが倍増。ブロガー界隈で当時とても有名だった人たちにもフォローしてもらえて、ここは「女の子でよかったなぁ」と思った場面でもあります。(笑)

肝心の恋愛面は?というと、この時期は丁度音楽好きな男友達がいて、一緒にいろんなライブに行ったり、なばなの里に行ったりしていたのですが、

ich
フリーランスになりたてで、誰かと付き合う余裕なんかあるの?

と思っていたので、全く発展せず(笑)そのまま仲良しの男友達ポジションとなりました。

ich
今思えば、この辺りでちゃんと恋愛していればよかった・・・

ブログを書いている女の子と繋がりたい!という気持ちからブロガー女子会を主催

〝ブログ〟って、スタートは誰でもできるけど、続けるのって本当に難しいんですよね。

私も開設して3ヶ月くらいは、ほとんど更新せず、放置するだけの毎日…。

ich
せっかくブログを開設したのに勿体ない!一緒に作業しあえる女の子友達が欲しい!

ということで、6月に『ブロガー女子会  in  PETARS(ぺーたーず) 』を開催。

ich
一緒に主催してくれたのは、AITIMEの愛ちゃんとchuman.infoを運営する中馬さりのちゃん!

この #ブロガー女子会 をきっかけに同じ発信を続けるブロガーさんに出会えたことは、2017年の中でも本当に大きくて、辛いことや苦しいことがあっても、こうやって自分のブログを続けてこれたのは、この時出会えたみんなのおかげだなって思います。

7月にもブロガー女子会をして、もっともっとこの集まりを大きくしたいな!と思ったので、中馬と愛ちゃんとメディア『style』を立ち上げ、コミュニティ化を決意…。

が、しかし、これは正直全くうまくいかなくて(笑)自分にコミュニティ化をする仕組みづくりの知識が本当にないことを実感しました…。

でも、このコミュニティ化をきっかけに、〝自分が女の子目線で世の中を変えたい、良くしたい〟と思っていることや、その熱量がハンパないこと(笑)にも気付かされたので、この時立ち上げたことは無駄じゃなかったなって思うし、この時の思いがきっかけになって、今の私は構成されているなと自分でも思います。

もちろん、トライアンドエラーのエラーが出た時にどうするのか?を考えることはとっても重要だけど、失敗するのを恐れていても世界は全く変わらないなって感じるのです。

ich
逆に私の場合は、エラーが起きてもそんなに修正したくないなって思うことはささっと撤退したりとか、実際にトライして学ぶことの方が多かったように思います。

そしてこの時は、本当にブログ書くのが楽しい & 女の子と一緒にいるのが幸せすぎて

全く 恋愛に興味がなかった…。

今思えば出逢いもたくさんあったのだけど、自分が充実している時間に彼氏は必要ないなってあっさり思っていたのを覚えています。

自由な生き方に触れて、自分を縛る鎖を全部外したくなる

ブロガーさんやフリーランスの人たちとの出会いの中で、間違いなく自分の価値観は変わったと思います。

 

自由に生きても良い

もっと楽しいことをやっていても良い

 

そんな人たちが周りにいる環境は、社会人時代、ガチガチのブラック企業で汗水流して働いていた私にとって衝撃的でもあり刺激的で、「あ、もっと自分も自由になればいいんだ」って、心から思うことができました。

【会社に行きたくないは甘え?】職場から逃げるように辞めた私がいま伝えたいこと

2017.05.23

と、いうことで、ここで約6年間住んでいた大阪を出ようと決意。祖父が亡くなったこともあり、それまで全く興味のなかった「地方創生」にも興味を持つようになって、大急ぎで引越しをしました。

ich
この時家を出ようと決めるまでの期間、なんと2週間。(笑)

トラックを借りて、一緒に鳥取まで移動してくれる友人がいたり、荷物運びも含め、「自分のやりたい」と思ったことにフランクにすぐ付き合ってくれる人たちの優しさに救われました…。本当にありがとう…!

地方を旅するようになり、自由度はますますアップ。だけど・・

地方を転々と旅するようになり、自由度はすごく高まったように思い・・!?ますが、実際はそんなことありませんでした。

というのも、私は 一人で旅すること よりも、 誰かと旅すること に幸せを感じる人間だったんですよね。

青森や秋田など、様々な地方に行かせていただきましたが、その場その場で出会う人たちと、また次のタイミングではお別れしないといけない・・・というのは、『出会える喜び』と共に『必然的に起こる別れ』も増えるということで。

それが寂しいなと感じるようになっていたので、現在、一人旅は自分にそんなに合ってないんじゃないかという結論になりました。(笑)

ich
自分の好きな人たちと、自分が安心できるコミュニティを作ったり、自分に会いたいと思ってくれる人に会いに行くスタンスが重要なのかも・・・

そして、旅をするということに関して言えば、やはり 発信力の強さ が大切だなと感じました。

ブログを書いている、発信をしている 

ということで、自分のことをわざわざ紹介しなくても、「この人はこんな人生を生きてきたのか」「こんな考えなのか」というバックグランドまでも知ってもらえるので、すごく楽でしたね。

8132文字のリアルー都会を捨てて地方を旅すると決めた理由ー

2017.10.03

【地方を旅する】鳥取県大山町にあるシェアハウス「のまど間」

2017.10.08

出逢いが多かった一年|人がさらに大好きになりました

ここまで振り返った大きな出来事としては、

  • ブログを始める
  • イベントをたくさん主催する
  • 6年住んだ大阪を離れる
  • 地方を転々と旅する

という形になるのですが、書くとやはり後半戦の大阪を離れる〜あたりから、

さらに人生が変わったように思いますね。

まず、大阪を離れることも地方を旅することも全然想定してなかった。

それに、自分がそんな風に自由な生き方を選べる人間だっていうのも思っていませんでした。本当に、ガチガチに社会に縛られてしまっていたから。

自由に生きるようになって、もちろん周りから怒られることもあるし、批判されることもあります。

将来どうするの?結婚は?出産は?などの質問攻めに困ることもあるし、周りで次々と結婚していく友達なんか見ると、「自分は今後どうするんだろう…?」と自分でも迷ったりするし。(笑)

でもね、人生って不思議なもので、案外なんとでもなるし、起こる出来事全部、自分の成長に繋がっている気がする。

だから、もし今目の前に悩めることや迷うことがあったとしても、どちらを選んでもいいし、どちらも選ばなくていいっていうスタンスは、これからもずっと持っていたい。

〝フリーランス〟の特権は、やはり時間や場所にとらわれないことだと思うので、自分が最初にそう望んだことなら、そこはブレずに、だけど、出会う人たちの中で変わる出来事だったり目標があるのなら、それはそれで、すごく幸せなことだなって思うんです。

事実、私も今 千葉県にあるコミュニティスペース まるも に滞在しているけれど、1年前はこんな風に金谷にいるなんて思っていなかったし、地方を旅すると決めた時も、ここに居られるとは全く思っていなかったから。

それでも、求められることがあって、好きな人たちと暮らせるこの空間にいられること、本当に幸せだなって思うし、総じて私の人生って、こうやって大好きな人たちのおかげで満たされていくものだと、勝手ながらに感じているのです。

(photo by 廣田 賢司

ひとりよりも、ふたり。

ふたりよりも、さんにん。

そうやって今後の人生も、誰かと歩めたらすごく幸せだと思える、実りのある出逢いが多かった

この一年に感謝です!😌

ich
私と関わってくださった全ての皆さん、本当にありがとうございました…!

あれ?恋愛遍歴は?

こじらせっぷりを振り返ろうと思ったけど、

  • そもそもフリーランスで余裕がなかった
  • こじらせる以前にあまり人を好きになっていない

ということも発覚しましたね!w

イベントも何もなく、今年が終わっていくのが悲しい…(笑)

でも恋愛の価値観でいれば、『こういう人がいい』と相手に求めるのではなく、『相手がAタイプだとしたら、自分はBの選択肢をとる』という、自分と相手、どちらもが心地よい関係にするのはどうすればいいか?を考えられるようになったと思います!

そして来年、わたしは12年に一度のモテキ到来…!✨ とのことなので、きっと誰か素敵な人が現れると信じてます😌 笑

(これで現れなかったら来年のブログネタにするもん。いいもん。)

**

来年も ich channel   、ich(いち)共々、よろしくお願いします!

みなさん、良いお年を〜!😌 💓

 ichのTwitterはこちらから

 

スポンサーリンク