ノンクリスチャンが教会のクリスマスに行ってみた!

ABOUTこの記事をかいた人

ich(いち)

「地方を旅するエステティシャン」として、特定の家を持たずに地方を渡り歩く生活をしています。 女の子に向けた恋愛相談や美容に関するお悩み相談が得意。 そろそろ結婚したい24歳女子です。

メリークリスマス!

こんにちわ、地方を旅するエステティシャンのich(いち)と申します。

突然ですがわたしは今、クリスマスの東京駅に来ています。

(・・・・人多くて帰りたい・・・)

 

え?なんのためにカップルや友人たちでワイワイ溢れかえる、この聖なる日に、

人がごったがえす東京駅にいるのかって?

….

……..

……………………

 

A )この人に呼び出されたからです。

    松山歓己(Matsuyama Kanki) クリスチャンブロガー

愛称(かんちゃん)大阪出身。大学を中退して、3年間海外放浪の旅へ出る。 日本帰国後、クリスチャンとして教会生活に携わり〝フリーランス〟になることを決意。 現在は、フォトグラファー / WEBライター & ブロガーとして活動中。 旅をしながらキリスト教ネタを発信しています。 それぞれが、自信を持って生きられるように背中を押したい。 個人ブログ「ういみっく村」運営

え?どうせデートかなにかだろ?

さっさと東京駅に紛れて「好きな人との甘い夜なう♡」ってSNS更新するなりなんなりしてくれって?

 

………

A )デートではありません。

(どんな顔してんねん)

スポンサーリンク

集まったのは、クリスマスの日に人生初の教会に行くため!

実はわたしはノンクリスチャン。

家は仏教で、お家には仏壇もあるし、なんなら少し前まで「クリスチャン」についての知識なんて、これっぽっちもありませんでした。しかし、『ノンクリスチャンの人でも教会に行っていいの?』というありきたりな疑問から生まれたこちらの記事が、公開初日から反響を呼び、SNSでも100以上の拡散のおかげで現在も4万人以上に読んでもらっているわたしの代表作に…!

キリスト教って何?ノンクリスチャンの私が初めて教会に行ってみた

2017.10.15
ich
こんなにたくさの人に読んでもらえるなんて、頑張ってブログ書いてて本当によかった…
かんき
ところでいっちゃんって、教会とかクリスチャンについての知識ってどのくらいあるの?
ich

うーん、今まで全然関わってこなかったから、本当に全然知らないかも。あっ、そういえばクリスマスになると教会ってライトアップされてたり人がたくさんいたりするよね!

あれってなにしてるの?

かんき
え!?クリスマスに教会、行ったことない???
ich
ないない!クリスマスって恋人と過ごすものだって思ってるし!(あ、そういえば今年のクリスマス、本当に予定ないんだった…)

と、いうわけで。

 

クリスマスの教会に行ってみよー!!

と呼び出されたかんちゃんの影響により、わたしの24歳のクリスマスは教会で迎えることになったのでした…!

クリスマスって、そもそも何?

みなさんは、『クリスマス』と聞いて何を連想しますか?

  • 恋人や好きな人と過ごす?
  • 家族団欒を楽しむ?
  • 友人とわいわい過ごす?

このようなクリスマスの過ごし方の中で、「クリスマスに教会に行く」と答える一般の人って、やっぱりすごく少ないんじゃないかなと思います。

その理由として、

ich
そもそもクリスマスってなんぞや?

と思っている、わたしも含めたノンクリスチャンの人たちが多いからではないのかと。

クリスマス=イエスキリストの誕生を祝う日

簡単にいってしまうと、クリスマスは元々、「イエス・キリスト」の誕生を祝う日です。

今から約2000年前の12月25日に、イエスキリストが誕生したことのお祝いなのですが、正式に聖書に誕生日が記されているわけではないので、教会では「記念する日」と呼ばれています。

ちなみに、この日の教会での礼拝は「」と呼ばれ、内容として

  • 賛美歌や聖歌を歌う
  • イエスキリストの降誕の話を聞く
  • クリスマスの劇が見れる
  • ゴスペルクワイヤーの歌が聴ける
  • ハンドベル・パイプオルガンの演奏
  • キャンドルサービス
  • 終わってから食事の交わり

このようなことを行っているんですね。(※教会によって異なります)

ちなみに、25日の誕生のお祝いを24日にするのは、教会の暦では24日の日没〜25日の日没までをクリスマスとして扱うため、なんだとか…!

ich
教会には教会の暦があるんだね!全然知らなかった!
かんき
教会の暦では、日が沈むと新しい1日が始まるという教えなんだ〜!以外と知られてない豆知識かもね♩

▼参考画像(Wikipedia

訪れたのは、フォロワー4万人越え!!!の上馬キリスト教会

今回訪れた教会は、東京都世田谷区にあるプロテスタント教会

『上馬(かみうま)キリスト教会』🔔

ユーモアセンスのある言葉と、教会やクリスチャンの知識などを盛り込んだツイートが話題になり、SNSの世界ではもっとも有名といっても過言ではない教会です…!

ich
な、12月現在でフォロワー数49,254 人!?そんなに発信力のある教会、中は一体どんな雰囲気なのだろう…

ということで、さっそく行ってみることに!

ich
上馬キリスト教会、めっちゃ楽しみや〜!

クリスマスムード満点!初心者さん大歓迎の上馬キリスト教会

駒澤大学前駅から徒歩で10分ほど歩くと、立ち並ぶ住宅やビルの間に、上馬キリスト教会を発見!

ich
さっそく中に入ってみましょう!

すみません〜!(ガチャッ)

・・・

あっ…(キョロキョロ…)

どおぉぉおおんっ!

ich
めっちゃ綺麗な教会…!

ということで、早速午前中の礼拝に参加することに…!

教会豆知識

礼拝前には受付をするのが一般的です。

受付では、名前を書き、礼拝の流れが載っている進行表などをもらったりします。

(聖書がなくても礼拝には参加できます)

 

クリスマス礼拝はとっても豪華!美しい音色に終始癒される…!

クリスマス礼拝って、やっぱり普通の礼拝とはちょっと違っていて、『特別なイベント』に合わせて行われるので内容も濃いと聞いていたのだけれど、上馬キリスト教会は本当にすごかった…!

  • 日本ハンドベル協会のアルファさんの演奏
  • 賛美歌の歌声
  • オルガンの演奏

など、クリスマスという特別な日に歓迎のムードを表すものたちばかりで、終始聞き入ってしまうものばかり。

特に、アルファさんのハンドベル演奏は去年に続くメイン演奏でもあって、礼拝の後にもスペシャルメドレーとして本格的な楽曲も演奏してくださいました!

ich
ハンドベルの音色が本当に綺麗で、思わずうっとり…!本格的な楽曲もすごく素敵で、教会で聞けるからさらに雰囲気もあって終始感動的でした…!

 

また、語られる牧師さんからのメッセージでは、こんなお言葉も。

私たちが連想する〝クリスマス〟には三つあります。

百貨店やスーパ、自宅などの飾り付けを見て「あ、クリスマスがきたんだな」と周知する、季節としてのクリスマス。

小さい頃にサンタさんにプレゼントをもらったり、好きな人とデートに行ったり、そんなドキドキやワクワクを思い出すことで、何度でもそのクリスマスのことを特別に思うことができる、思い出としてのクリスマス。

そして、イエスキリストがこの世に誕生したという、出来事としてのクリスマスです。

私たちは2000年前の、この「出来事」としてのクリスマスを、今も大切に思い、毎年みんなで集まって祝福することで、なんどもこの「出来事」に出会い、それが私たちに生き付いていることを実感することができるのです。

私たちの教会には様々な方が来られます。

「生き方を教えてほしい、わからない」

そんな声も多くある現代の社会は、たくさんの問題に囲まれ、闇でいっぱいになっている。

そんな時、「恐れるな」「心配するな」と神様はおっしゃられているのです。

光は、闇が深ければ深いほど輝きを増し、私たちを照らしてくれます。

今はネットやSNSが普及し、「一人でも生きていける」時代がきていますが、そんな時代の中で「どう生きるか?」を教えられる人がいるでしょうか?それは、誰が教えられることでしょうか?

私たちはそのことを、もっと真剣に考えていかねばなりません。

最初の文章こそ、少し「宗教チック」に聞こえるかもしれないけれど、最後に牧師さんがお話ししていた「ひとりでも生きていける」時代というのは、まさにこの数年で発達したSNSやネット社会に生きる私たちにとっては、ドンピシャな話題だと思うんですよね。

 

生き方がわからない…そんな風に悩む人たちが、ネットで「生き方」を検索して、答えが出てくるのでしょうか?

 

引きこもっても生きていける社会に生まれた私たちが、人とつながることの大切さや、ぬくもりを感じることのあたたかさを、誰に教えて貰えばいいんのでしょうか?

 

この辺りのお話しは、ノンクリスチャン、クリスチャン関係なく、すべての人たちの心に問われる課題なのではないだろうかと感じました。
そして何より、牧師さんの言葉がとても優しかったので、クリスマス礼拝初心者のわたしでもわかりやすかったです😊
かんき
教会によって異なるけど、クリスマス礼拝は一般の方向けに公開しているところがほとんど!牧師のメッセージもわかりやすいよ✨
ich
なるほど、普段聖書読まないからわからない…とか、聖書の言葉って難しそうって人でも、この日のメッセージは普段より受け入れやすかったりするのかもね 📕✨

教会でキャンドルサービス!夜の礼拝は少しロマンチックな雰囲気…

19時からは〝キャンドルサービス〟があるということで、そちらも行ってみることに…!

中に入ると、午前の礼拝とは打って変わって、とってもムーディーな雰囲気…!

ich
カップルや友人同士、一人できている方も多くいらっしゃいました!

キャンドルサービスでの内容はこんな感じ▼

  • 前奏
  • 招詞
  • 賛美
  • 聖書朗読
  • 特別賛美
  • 説教
  • 感謝献金
  • 礼祷
これだけざっと書くと、
ich
うわ、難しそう…
って感じなのですが、上馬キリスト教会では、これらをすべてまとめた「クリスマス礼拝の進行表」が配布されるので、初めていくわたしでも安心。
いうなれば、「入学式」や「卒業式」に始めて出席しても、最後まできちんと式を見届けられる、あの感覚に近いです。
ich
普通の礼拝に参加するより、イベントの礼拝に参加する方が、初めての人にとっても教会の人にとっても受け入れやすいのかも…!

クリスマス礼拝を終えて

礼拝が終わった後、教会の人たちや、初めて来られた方ともお話しする機会があったので、色々と聞いてみることに😊

 

 

 

 

まず最初にお話しを聞くのは、今回礼拝に初めて参加されたというAさん!

よろしくお願いします〜!

 

 

 

 

21歳、女子大生です。よろしくお願いします!

 

 

 

 

に、21歳!若い!(しかもかわいい)

Aさんはノンクリスチャンなんですよね…?

 

 

 

 

はい、そうです。わたしは普段「教徒」のことを学校で勉強しているんですけど、どの宗教にも特に属していなくて、教会に来るのも、実は今日が初めてなんです(笑)

 

 

 

 

わああ…!そうなんですね!

でもなんで、上馬キリスト教会に?

 

 

 

 

最初はツイッターをフォローしていて、面白い考え方の人がいるなぁと思うようになって(笑)勉強する中でいろんな宗教や考え方に触れるうちに、どうしても宗教って排他的な雰囲気があるところも多いなって感じていたんですけど、上馬さんのツイッターを見ていると、そういう排他的なところを感じなくて、素敵な宗教観を持っているところに惹かれました。今回のクリスマス礼拝のこともツイッターで知って、一度来てみたいなと思っていたので、来れてよかったです。

 

 

 

 

なるほど…!確かに、上馬さんの宗教観ってそういう排他的なところを感じさせないっていうか、「もっと一般の人も教会に来ていいよ」「キリスト教を身近に感じていいんだよ」ってことを発信されているので、それがすごく魅力的ですよね。今回、初めての教会、礼拝に参加されてみて、いかがでしたか…?

 

 

 

 

はい、最初はちょっと緊張していたんですけど、一般の人向けにもすごく入りやすい形だったので、大丈夫でした。あとは、SNSでは確かに面白いこともたくさんつぶやかれているけど、礼拝中のメリハリがきっちりあるところも感じられて、改めて素敵な教会だなあと感じましたね。

 

 

 

 

 

真剣に伝道に向き合っているからこそ、あの面白いSNSも呟けるんだろうなって思います。おふざけでやってるだけじゃないっているのは、当たり前なんですけど、教会に足を運んで実際にその空気感に触れるからわかることもありますもんね…!

 

 

 

 

はい、本当にそうだなと感じました。実際に足を運んでみて、いつもSNSを更新されている方達にお話しを聞くこともできたので、すごく嬉しかったです。

 

 

 

 

本日はお忙しい中、お話しを聞かせていただきありがとうございました!

ちなみに今日のご予定は?

 

 

 

 

バイトです。

 

 

 

 

えっ…?

 

 

 

 

バイトです。

 

 

 

 

…。 (わぁ、さっきまで可愛かったのに急に怖い)

 

***

今回お話しを聞かせていただいたAさんのほかにも、初めて教会に来た方はこの日だけで全体のなんと約6割!改めて上馬キリスト教会の発信力のすごさを実感すると共に、こんなに多くの人に訪れてもらえる教会というのは、『日本のクリスチャン人口1%以下』と呼ばれる現代の社会においては、本当に革命的なことだなあと感じました。

そして今回は、そんな上馬キリスト教の大人気ツイッターを更新されている真面目担当、ふざけ担当のお二人にもお話を聞くことができました!

***

 

 

 

 

この度はお二人にお話を聞けるとは思ってなかったのでとても嬉しいです!

よろしくお願いします!

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

よろしくお願いしま〜す。

 

 

 

 

!?!?ん!?あれ!?なんで顔出しじゃないんですか!?

 

 

 

 

いや〜、いろいろあって顔は公開NGなんですよね(笑)

でも、実は最近、上馬教会の新キャラクターができまして、もしよければその二人に、代理でインタビューしてもらってもいいですか!?

 

 

 

 

え?代理インタビュー…?新キャラクター?

 

 

 

 

はい、こちらです。どうぞ。

 

 

 

 

どうも!上馬キリスト教会の新キャラクターのまじめ天使です!よろしくお願いします。

 

 

 

 

どうも!同じく新キャラクターのふざけ天使です!

よろしくお願いしま〜す。

 

 

 

 

わああ!こんにちわ、はじめまして…!早速ですが、代理インタビューよろしくお願いします!

まず上馬さんといえば、Twitterの面白い内容が話題になっていると思うんですが、あれはどうやって考えられているのですか・・・?

 

 

 

 

あ、あれは基本二人で考えています。僕が日常で拾ったアイディアを、真面目担当に任せて、聖書の内容と絡めたり、教会に興味を持ってもらえるようにアレンジしてる形ですね。

 

 

 

 

おぉおおおお・・・!二人で考えられているんですね!すごい…!

 

 

 

 

真面目担当とは、彼女かよ!ってくらいラインしてます。

 

 

 

 

はい、彼女かよ!ってくらい毎日ラインがきますね。

 

 

 

 

かなり攻めた内容のものも公開されてますが、やはり批判とかもありますか?

 

 

 

 

はい、全然ありますね(笑)

 

 

 

 

僕らも、ひとつひとつの発言が、下手をすると自分達だけでなく、教会にも迷惑をかけてしまうかもしれないっていう思いは持ってあのツイートをしていますよ。だけど、批判に怯えていては何も変わらないし、実際にツイッターを見て教会に足を運んでくれる方々もいるので、発信は続けていきたいと思っています。

 

 

 

 

批判があっても、決して折れない強い信念…。かっこいいです。

ちなみに、今後やっていきたい活動などはありますか???

 

 

 

 

実は今回登場しているこのイラスト、僕らのオリジナルイラストなんですよ!✨それをLINEなどでスタンプ化したり、出版社さんからキリスト教に関する本なども出せたらいいな、と思いますね。まだまだキリスト教や、宗教全体への偏見の目は多いので、そうじゃないんだよってことを感じてもらえたらと思います。

 

 

 

 

去年は1万人しかいなかったフォロワーが、今年は4万人にまで増えて、発信していくことの大切さを感じました。でも、僕らがしていきたいのは発信ではなく、その先にある「伝道」なので、その辺りのメリハリもつけながらやっていきたいですね。

 

 

 

 

これからも上馬キリスト教会から目が離せませんね!応援しています!

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

ありがとうございました〜。

教会って、〝あなたにとって〟どんな場所ですか?

クリスマスの教会は、いつもとは少しだけ違う「お祝い」ムードも相まって、私たちのようなノンクリスチャンでも、気軽に入って行きやすい環境になっているなと感じた、今回のクリスマス礼拝。

それでも、初めて教会に来た人は、慣れない聖書のお話や、賛美歌に戸惑うこともあるかもしれません。

でも、そんな時、一番大切だなと思うのは、その教会に訪れた時、あなたの中に感じた小さな変化を決して見失わないで欲しいということ。

「教会に行くと、不思議と安心する」「心があったかくなる」「ひとりじゃないと感じられる」

それぞれ、教会に足を運ぶ理由も、最初に教会に来た理由も様々です。

実際、わたしが教会を回る中で出会った方たちでも、最初は全く興味がなかったのに、急に教会に行きたくなったという方や、家族や友人の勧めで教会に足を運ぶようになった方、人生に行き詰まり、どうしようもなくなった時に、ふと教会に導かれた方など、様々な人がいらっしゃいました。

だけど、中には「周りからどう見られるか」気になって教会に行っていることを人に話せなかったり、クリスチャンになったあとも、「わたしはこのままでいいのだろうか」と悩む人たちも多いというお話も、同時に聞きます。

ー周りから、どう思われるかー

それは、私たちが生きて行く中で、そんなに重要なことなのでしょうか。

クリスマスに過ごす人がいない、一緒に祝いたいと思える人がいない…そういう人のことを「クリぼっち」などと呼んだりするけれど、それが「幸せかどうか」なんて、誰かの基準で計らなくたっていいじゃないかって、わたしは思うのです。

私たちはいつも、そんな風に周りからどう見られるかを探してしまうけど、 周りのノイズにばかり目を向けてしまうと、〝自分は本当はどうありたいのか〟ということに、気付けなくなってしまう。

大切なのは、周りの声に耳を傾けることではなく、自分はどうありたいのかという気持ちに、嘘をつかないことだと思うのです。

「生き方を教えてほしい、わからない」

そんな声も多くある現代の社会は、たくさんの問題に囲まれ、闇でいっぱいになっている。

そんな時、「恐れるな」「心配するな」と神様はおっしゃられているのです。

この牧師さんの言葉通り、私たちの周りには、たくさんの闇があります。

その中のひとつに、こういった教会や宗教への偏見や、誹謗、中傷などもあるのでしょう。

だけど、信じるものは一つ、「神様」であることが明確なクリスチャンの方々は、やっぱりそんな周りのノイズに、振り回されないで欲しいと思うのです。だって、信じるものが不明確なこの現代に、信じて歩むことができるものがあるって、とっても素敵なことだから。

2000年前のクリスマスの日、イスラエルのベツレヘムという街の宿、小さな小さな馬小屋で起こったひとつの奇跡、その誕生を、私たちはいまも「出来事」のクリスマスとして受け取り、祈り、そして祝福することができる。

その幸せを噛み締めていくことが、明日の歩みにつながるのではないのかな、と、そう思います。

あとがき

かんき
な、なんかいっちゃん、日に日にクリスチャンみたいなことを言っているような…
ich
そうかな〜?でも、クリスマスに行くところがないなーとか、ひとりで寂しいしなにかしたいなって時に、「教会」っていう新しい選択肢があればすごくいいな、とは思ったよ😌

私も実際今日行ってみて本当に楽しかったし、幸せな気持ちになったから、また来年も(もし)ひとりだったら行きたいなー!

かんき
(もしも)ひとりだったらぜひ!でも、カップルで一緒にきたりとか、デートコースで悩んだりする人とかも、最後のキャンドルサービスはロマンチックで素敵だと思う!
ich
確かに!「教会」っていう敷居がぐっと下がるクリスマス礼拝、初めての人にも、ぜひ行って欲しいね😌!私も来年、彼氏ができても一緒に行けたらいいなー!

あれ、そういえば、かんちゃん彼女は?

かんき
僕は来年もクリぼっちのつもりなので…ひとりで頑張ります…
ich
ごめんごめん(笑)これからもカメラマンとしての同行、よろしくお願いします!

あなたの街の教会はどんな場所?取材させてくれる教会を募集します!

#ノンクリスチャンシリーズ は、今後様々な教会や、イベントで展開していきたいと思っています。

  • 地方でなかなか新来者が訪れないので取材してほしい
  • うちの教会でやっている◯◯を記事にしてほしい
  • SNSでの発信について協力してほしい

などのご要望がありましたら、こちらよりお問い合わせ下さいませ👇

(交通費を支給して頂ければご相談に応じます。)

 

スポンサーリンク