【Polca始めました】MYギターを買って、夏フェスをやりたい!

ABOUTこの記事をかいた人

ich(いち)

「地方を旅するエステティシャン」として、特定の家を持たずに地方を渡り歩く生活をしています。 女の子に向けた恋愛相談や美容に関するお悩み相談が得意。 そろそろ結婚したい24歳女子です。

こんにちわ、最近ギターを始めたばかりの ich(いち)です。

今回は、私からみなさんにお願いがあり、ブログを更新させていただきました…!

 

\ え?なになに? /

 

じゃあ、いくよ?せーのっ

 

 

ich
Myギターが欲しい!

 

・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

なんやそら
寝言は寝ていわんかい
またつまらないことでブログ更新しやがって・・・

あ、ちょっと待って、まだ閉じないで?(私ってこんなアンチ多かったっけ…

今日この記事を書き上げたのには、ちゃんと理由があるんです。

スポンサーリンク

ギターを始めて一ヶ月、超初心者だけどここまで弾けるようになりました。

私事ですが、最近、ギターを始める機会があり、1月1日〜今日(2月6日)まで、ほぼ毎日、欠かさずギターを弾くようになりました。

来る日も来る日も、同じコードを何度も練習し、夢だった『弾き語り』ができるようになるまで、何度もなんども何度もなんども、繰り返し、繰り返し練習した結果。

開始一ヶ月で、このくらいは弾けるように…!👇

本当にたくさんの反応をいただき、この直近では一番いいね!数も多い投稿となりました。

そして、ある程度弾き語りができるようになった今、次にやりたいことを考えた時に真っ先に出てきたのが、

ich
ライブがしたい!

まさに、その一言に尽きるものでした。

一度見た夢は、形を変えてなんども自分の中にやってくる

と、いうのも、私は昔から「自分でギターを弾いて、歌う」ということに強い憧れがあったんですよね。

音楽は何もない空間でも、人に幸せやワクワクを提供してくれるものだと思っていて、どんな時でも、自分の味方でいてくれる強い存在だと思っているからこそ、路上でギター一本で弾き語りをする人たちの持っている、パワフルなエネルギーや空間に憧れていて。

「何もない空間に、その人がいるだけで音が生まれる」ことの素晴らしさに、惹かれるものが確かにありました。

だけど、鳥取のど田舎に生まれた私の周りには、そもそもギターを弾いているような友達はいなかったし、バンドや軽音部さえない状況に、「私はギターを弾くことは、たぶん一生ないんだろうな」と、諦めて、代わりにマーチングをやってみたり、吹奏楽部に所属してみたり。

おかげでリズム感と、楽譜を読む能力だけは身についたけれど、それでもなぜか「ギターを弾く」という行為には踏み込めず、どうせすぐに飽きちゃうだろうしな・・とか、そんな色んなことを言い訳に、少しずつ「ライブをしたい!」という欲求からは、遠ざかっていきました。

***

そんな私が、今回、こんなにも熱心に、ギターに夢中になれるワケを考えていて思ったこと。

それは、小さい頃に〝やってみたい〟と願っていたことを、大人になった今、こうして叶えられていることが、ただ単純に、ものすごく幸せだったから。

 

〝本当に大好きなものなら夢中になれる〟

 

事実、この一ヶ月での練習時間は自分でもびっくりするくらいで、どんなに忙しくても毎日1時間はギターに触っていたし、朝起きても「あぁギターが弾きたいな」とか、街で流れる音楽を聴いては「この曲は歌えそうだから、練習して弾き語りたいな」とか。

隠れていた欲求は、自分でもびっくりするくらいに、何度でも、何度でも、自分の元にやってくる。

私は時々、そういう突発的な欲求に、突き動かされて生きているのだということ。

そのことを、私は今回、自分がこんなにもギターを楽しく弾けている一ヶ月の間に、実感することができました。

このわくわくを、ちゃんと形にして返したい。

さて、本題に戻します。

なぜ私がギター初心者なのに、「Myギターを買いたい!」と思っているのか。

そして、なぜそれが「夏フェス」に繋がるのか。

それは、弾き語りができるようになっても、それを披露できる場所がそもそもなければ、モチベーションを維持するのは難しいと感じたから。

私の場合、まるもという場所があって、シェアハウスがあって、一生懸命練習している姿をそばで見ててくれる人がいるし、少しでも弾けるようになると、「いっちゃん!弾けるようになったね〜!」って、褒めてくれる人がいるんですよね。

だけど、みんながみんなそんな状況ではないし、ひとりで弾くって、やっぱりちょっと孤独です。

一生懸命練習した楽曲を披露できる場所がある。聞いてくれる人がいる。

それが、やっぱりモチベーションとしては大きくて、私が頑張れる理由だなって思うんです。

***

ある程度弾けるようになって思うのは、「次のステージに立ちたい」そのモチベーションを維持するための場所を、自分でちゃんと作ることだな、と思っています。

みんなが参加してくれて、みんなが笑顔になる空間がそこにあれば、それは私にとっての幸せだな、とも思う。

まるもスタッフとして、千葉県にある富津市に移住していること、そしてそこに『人が集まる』場所があることは、すでにこのライブを開催するのが「今」だなということを教えてくれているようで。

だからこそ、後回しにせず、ちゃんと今「やりたい」と思ったことを、形として残しておきたいとそう思ったのです。

無事にPolcaが達成したら、金谷でイベントをやります!

まぁ、それでも。

「イベントなんかたくさんあるし、どこかで自分が参加して弾き語りできたらいいよな・・・」

くらいに思ってました。わたしも。つい先日まで。

しかし、今までずっっと自分のギターを貸してくれていたふみちゃん(シェアメイト)から、衝撃の事実が…。

いっちゃん、わたし、2月いっぱいでこの家を出て行こうと思うの・・・
ich
え!?うそでしょ!?ふみちゃぁああああーん…

 

・・・・

 

はい、ということで。

 

本格的に自分のギターを買うべく、Polca支援をすることに決めました!!!

(まだブログで宣言してない間から支援してくださったみなさま、ありがとう…( ;  ; ))

そして、支援がきちんと集まって自分のギターを購入できたら、

このギターを使って音楽イベントをします!!!!!

(場所は未定ですが、金谷内を予定してます〜!!!!!)

ちなみに、構想はこんな感じです👇

(夏フェスとかいうてますけどみんなが集まれれば・・・と思っているので夏以外でも開催します〜!)

・タイムテーブルを用意する👈 このステージで登壇したい!って人を募集します!

・美味しいご飯も用意します👈 まるも住民のシェフたちにお願いして美味しいご飯を作ってもらいます。さ・ら・に、『移動販売』をしているすべてのひとを対象に金谷に集結していただきます!

(例)移動シアター、移動パエリア、移動コーヒー… etc

・一本のギターを弾き語る「弾き語りの会」をします

来てくれた人たちも『一緒になって、楽しめる』

今回のコンセプトはこれにつきます。

そして、何より私が一番楽しむ!!!!!

これも一番大切なポイントです。

そんな空間づくりのお手伝いができたらいいなぁ…

参加型イベントを一緒に盛り上げたい!楽しみたい人募集中です!

開催時期ですが、4月〜6月のいずれかを予定しています。

もちろん参加型のイベントですので、「弾き語りしたい!」「ライブしたい!」って人も募集中!!

もし興味がある人は、Twitterなどでこの記事を拡散して頂き、参加表明して頂けると嬉しいです😊!

(( そのためにも、なんとか支援を達成させたい…!w ))

【Polca支援はこちらから】👇

https://polca.jp/projects/IVXupa6yJG5

何卒、よろしくお願いします〜!✨

スポンサーリンク
🔻6月23日 ジャックナイト開催!

詳細はバナーをクリック!