え!行っちゃうの!?深夜の高速バスに置いていかれそうになった件

ABOUTこの記事をかいた人

ich(いち)

地方を旅するノマドワーカーとして、特定の家を持たずに旅をしながらブログを書いて生活する24歳。 こじらせ女子代表として、女の子に向けた恋愛相談やコラム連載などを発信しつつ、「可愛く」「おしゃれ」に旅をするというコンセプトの元、キャリー1つで地方を転々とするノマド旅を始める。フォロワーは現在2000人を突破。恋愛ブログはLINEブログのトップを飾るなど、多方面で活躍中…!

こんにちわ、地方を旅するノマドワーカーのich (いち)です。

旅する生活も気づけば4箇所目、今は千葉県南房総市にある『金谷』という場所に来ています。

ひとりでふらふらと地方を旅していると、思わぬ旅トラブルに見舞われることもちらほら・・・

今日は、さっそく起きた私のそんなトラブルについて、お話しようと思います。

スポンサーリンク

事件が起きたのは、『深夜のSA(サービスエリア)』だった

私は移動料金をできるだけやすくするため、いつも最安値の方法で地方を旅しています。

一番安いのはヒッチハイクなのだけど、目的地にいつ着けるかわからないのと、女の子一人なので防犯のためにもそれは断念。と、なると格安なのはやっぱり高速バスなんですよね。

時間はかかるけど、はやめに予約なんかしておくと、東京から大阪間でも2000円くらいで行けちゃうし、地方にもたくさん便があるから、一旦東京などに出てから地方行きのバスに乗るのが私のお約束。

ただし、昼の便だとほぼ丸一日無駄にしてしまうので、いつも使うのは夜行便を選んでいました。

事件が起きたのは、そんな風に乗り慣れていた高速バスが休憩のために立ち寄った、深夜のSAでした。

***

一度夜行便に乗った人ならわかると思うんですが、高速バスって、深夜に3回程度は必ずトイレ休憩というものを取ってくれるんです。

まぁこれは私たちだけのためではなく、運転手さんが少しリフレッシュしたり休憩したりするためにも必要なことなのですが、この時『ある程度有名なSA』に、トラックも、バスも、大型車も、みんな止まるんですよね。

駐車場の関係で仕方ないとは思うんですけど、大きなトラックたちが駐車する中、止められたバスからトイレまでの距離って結構あるんですよね・・・。

だいたい、いつも高速バスがとまった位置を何度も確認して、車両のナンバーなども確認してからバスを降りるのですが、この時、私はいつもと状況が違うことに気づいていたのです・・・。

いつもかけているメガネをこの時ばかりは紛失していた

私の視力は、裸眼で0.02。両目ともに本当に目が悪くて悪くて・・・普段はコンタクトが欠かせないし、裸眼では人の顔を認識するのに、自分の顔の距離の10センチくらいまで近づいてもらわないとわからないんです。

で、深夜の高速バスって眠るので、もちろん寝る時ってコンタクト外すじゃないですか?

だけどこの時、わたし、メガネを忘れていることに気付くんですよね。

ただ、メガネがなくても、10センチくらいに物があれば気付くし、歩くのにも支障はないから、まぁ大丈夫だろう、と思っていた。と、いうことで、たった0.02の視力で、私は外に飛び出していたんですよね。

そう、たった0.02の視力で。

(ちなみに0.02って視力検査で測れるギリギリの数値だそうです。どんだけ低いねん)

深夜1時、出発5分前で高速バスの場所がわからなくなる

出る時は、周りの人も一緒にぞろぞろと出て行くから、なんとなくその流れについていけばよかった、

でも、トイレから出て『さぁ帰るぞ』と思った瞬間に気付くんですよね。

・・・・・・あれ?高速バスどこ??

 

まぁいけるかな、と思ってなんとなくバスが止まってそうな方向へ。

 

でも、気付く。

 

・・・・・・・・あれ?こんな道通ったっけ?

 

この時、時刻は1時。ヤバい、次の出発まであと5分しかない。

結構焦り始めるも、何も見えないので何もわからない

視力がいい人にはわからないと思うので、『視力 0.02』でググったら、まさかの画像がたくさん出てきました。(なんでもあるなGoogleさん…)

ということで、私の視力の見え方はこんな感じ。

視力1.5と視力0.01の世界。どれだけ違う? 再現してみた より

画像左側が一応0.01の人の見え方だそうですが、0.02もさほど変わらないです。

見えない物は見えない。

ちなみに、これが夜になるとどうなるのか。

光が反射して、ピンボケの玉みたいになってるんですが、まさにこんな感じ。

夜は街灯も多く、ましてや深夜のSAなんて、いろんな車が行き交うわけですから、私の目にはこのぼやけや視界と、反射する綺麗な丸い玉が映っているわけです。

結論:結構本気でマジでヤバい。

目が見えなくて、ここまでやばいって思ったのは間違いなく人生初めてだったと思います。

とりあえず、急いでバスを探すことに。

深夜1時3分。バス発車まで2分前、とうとう人に頼りだす。

最初は『まぁいけるか〜』と思っていた当初の私を恨みだす。

全然大丈夫じゃないやないか。

そして、人に聞くの恥ずかしいな・・・と思っていた自分も、この時にはもう『乗り遅れるくらいなら絶対に見つけた方が良い!』という思考に切り替わる。

とりあえず手当たり次第に声をかけ、「横浜行きのバス」を探すことに。

しかし、全く見つからない。

バスの運転手さんとかにも聞くんだけど、「僕のバスじゃないので、わからないですねぇ・・・」の一点張り。(そりゃそうだ)

この時点でもう残り1分を切る。

いや、これは冗談抜きで本気でヤバい。

深夜1時5分が過ぎる。それでもバスは見つからない。

とうとう出発時刻の1時5分が過ぎる・・・。

あいにく、この時手元にあるのは携帯電話と最近買ったばかりのイヤホンだけ。

財布も、持ち物も一切ないので、もし置いていかれた場合もどうすることもできない。(そもそも目が見えない)

とりあえず、なんとかしてバスを待ってもらおうと、予約していたバスの電話番号に電話。

しかし、時刻は深夜1時を過ぎている。

『現在は営業時間外のためー』・・・携帯から流れてくる自動音声を聞きながら思った。

 

・・・あぁこれは、本気で置いていかれるかもしれないなぁ、と。

1時10分、出発から5分が過ぎ、行き交うトラックに轢かれそうになる

とりあえず諦めずに何回も何回も行った道を確認して、バスの車両ナンバーをひたすらに探しながら、周りの人やバスの運転手さんにも聞いて回る。

「多分、あっち方面に止まってるんじゃないかな?」と、今まで探していた方向の逆方向を指され、猛ダッシュするも、行き交うトラックが多すぎて本気で轢かれそうになる。

目が見えない、でもバスを探さなきゃいけない、でも・・・・見えない。

(視力参考までに私の見え方をもう一度)

この状況でどうすることもできず、ほぼ半泣き。

でも、誰のせいでもないのでしっかりしなきゃと、もしかしたらもう出発してしまったかもしれないバスを探す。

でも、バスかな?と思って近づいてみても行き先が違ったり、ナンバーが違ったりで踏んだり蹴ったり。

もう、心も折れそう。

深夜1時15分。なんとか見覚えのある場所に到達。

もう10分も出発時刻過ぎてる・・・今戻ったとしてもめっちゃ迷惑だろうな・・・なんて考えながらそれでも諦めずにバスを探していると、

「ん!ここ通ったかも!」とかすかにわかる場所に到達。

見えないながら記憶を頼りにその周辺をウロウロ・・・

トラックの隙間をすり抜け、なんとか、なんとかたどり着けそ・・・!

 

と、その時!!!!!!!!

 

「おーーーーーーーい!こっちだよ!」

 

と、天からのお告げか(?)と言うくらいの声が聞こえ、思わず振り返る。

(服装は違うけどリアルにこんな感じだった。本当に、天使に見えた)

深夜1時20分、運転手さんが助けてくれて無事にバスに到着。

声の主は、私が乗っていたバスの運転手さん。時間になってもこないから心配して外を見ててくれたらしく、私がウロウロしているのを見て声をかけてくれたそうだ。

もうこの時本気で泣いた。人の優しさに泣いた。

そして、5分発車予定のバスを15分も遅らせてしまった罪悪感に苛まれながらも、無事にバスに乗車。

・・・

・・・・・・

 

 

 

・・・あぁ、怖かった。

 

お化け屋敷もひょうひょうと進んでいけるタイプの私が、人生で初めて『恐怖』を一番感じた瞬間。

そしてなにより、無事に乗れてよかった。運転手さん、ありがとう(涙)

旅にトラブルはつきもの|特に深夜のSAは気をつけるべし

今回本当に旅トラブルといえるトラブルに見舞われ、もう2度とメガネなしで外には出ないと誓った・・・!(そしてお金が貯まったら絶対レーシックします。絶対。)

そして深夜のSA!!バスもトラックも、もう少し停車場所徹底してくれないかな・・・。

(話によると、方向によって分れているらしいです。でも、一般の私たちにはわからないよね・・・)

高速バスによるトラブルについては、もうひとつネタがあるので、後日それも投稿しますね(笑)

なにより今回は無事に乗れて本当によかった・・・!

見つけてくれた運転手さん、ありがとうございました・・・。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

わたしがいつも利用するバス一覧(安くてお得なやつは絶対に早めに予約するべし

WILLER TRAVEL(ウィラートラベル)  

▼バスの車内が何より綺麗!そして夜行バスとは思えないハイクオリティさで、

長い旅の道中も快適に過ごせます・・・!

  • いつも夜行バスはぎゅうぎゅうで疲れる・・・
  • 夜行バスだとゆったり眠れない・・・

という人にもおすすめしたい高速バス。

***

バスプラザ

大手日本旅行の高速バス!全国の高速バスの路線を一気に見ることができるので、旅をしていて慣れない地方からでも予約がスムーズ、検索もしやすくお気に入り。

早めに予約するとかなり安い値段でバスがとれる確率が高いので、ちらちらHPを覗いておくのがおすすめ。

  • 初めて夜行バスに乗る
  • 保証や対応などをしっかりしている高速バスを選びたい

という人にオススメです!!!!

***

\お仕事ご依頼受付中!/

(取材、ライティング、PR案件などお待ちしております💓)

スポンサーリンク