お役立ち

タイ・チェンマイ女子ひとり旅!初海外に持って行った荷物は?【準備編】

こんにちわ!アドレスホッパーのいちです^^!

ich
ich
実はいまだに一度も海外に行ったことのなかった私・・・。突然ですが明日から11日間、タイのチェンマイへ行ってきます!

この記事は、私と同じように

  • 海外へひとりで行ったことがない
  • 初海外だけど何を持って行っていいかわからない
  • チェンマイへの旅行を考えている

という方に向けて、私が初海外へひとりで旅行へ行った話を残しておきます!

ich
ich
これを読んで少しでも旅の参考になったり、初海外への準備がわかるものになったらいいな・・・!

初海外へ行く私のスペックはこちら

  • 海外渡航経験なし
  • パスポート作りたて
  • 日本語以外は全く話せず、リスニングも不可
  • 海外の友達もいない
ich
ich
これだけ見るとマジで絶望的に海外には縁のない生活をしていますね…(笑)

初海外・チェンマイへ行くにあたって準備したもの(必須)

SIMカード

まず海外へ行っても絶対に必要になる携帯通信機能!

一般的にはこの「SIMカード」たるものを今使っている携帯に挿入するか、「レンタルWiFi」をするかの2択にひとつを選ぶのが無難なのだとか。

ich
ich
でも、SIMとかもよくわからんし…いけるんかな

最初はレンタルWi-fiをしよう!と思っていたのですが

  • SIMの方が利用料が圧倒的に安い
  • レンタルWi-fiは借りる手間と返す手間が必要(特に空港受け取りなどの場合は搭乗までにちょっと戸惑う恐れあり)
  • 自分の携帯はすでにSIMフリーである(docomoからワイモバイルに乗り換え済)

ということもあり、今回は思い切ってSIMを日本で購入して、現地で自分のiponeに入れ替えることにしました。

購入したのは、口コミ・レビューともに信憑性が高く、評価も右肩上がりだったこちら。

ich
ich
私は11日間の滞在だったので、今回は8日間のSIMカードを2枚使うことに!

旅行保険

海外に行くときに私が一番心配していたのは、ズバリ「盗難」

ich
ich
もちろん病気も怖いんだけど、とにかく保険には絶対に入ってた方が良いという意見は無視できませんでした

中には、エポスカードというそれだけで海外への旅行保険が付いているというお得なカードもあるのですが、旅行に行く直前に作ることもできないので、今回はネット上の保険でカバー。

色々と比較してみたのですが、最終的にはたびともで決定することに!^^

ネット契約ができ、当日出発のギリギリまで受付が可能、さらにHPの料金案内が明確でわかりやすいことから選ばせていただきました。

ich
ich
あとで詳しく追記しますが、たびともは海外でモノが盗まれても30万円の保証があるので安心して海外旅行へ飛び立つことができました!

宿

チェンマイに11日間滞在するとなると、やはり欠かせないのは宿ですよね!チェンマイには日本人が多く寝泊まりする日本のホステル宿なども多数あるのですが、私は今回は現地のちょっと良いホテルに泊まってみることにしました^^

ich
ich
チェンマイは物価が安いから、日本では3万円以上するようなホテルに5000円から1万円で泊まれちゃう!

宿についてはまた違う記事にまとめて書くとして、予約は全てBookinドットコムで行いました!

荷物などの細かい準備はこちら

今回私は受託手荷物「なし」のプランで予約したため、リュックの中身は7Kg以内に抑えなければなりません!

ということで余計なものは全て省き、必要最低限のものだけを持っていくことに。

まとめると下記のようなものです。

  • 洋服(ワンピース2着・羽織2着・パジャマ1着)
  • 下着4日分
  • シャンプー・リンス・ボディソープ(コンパクト用)
  • 洗顔・乳液
  • 顔のオイル・髪の毛のオイル
  • メイクポーチ
  • ぐっすり眠れるネックピロー
  • MacBook pro
  • 充電器

これらを最近愛用中のバック「 cabin zero 」に詰め込んだら、いよいよ出発へ・・・!

ich
ich
ちなみに、私は荷造りをするとき、いつもこのような小分けできる袋に入れることで荷物のかさばりを防いでいます

初めての #チェンマイ旅、様子は随時発信していきます〜!

今回のチェンマイ旅にかかったお金(準備編)

  • フライト代金(往復)3.5万円
  • 宿代 1万2千円(9日分)

※これは2019年8月30日の情報です

ABOUT ME
ich(いち)
ich(いち)
WEBライター&エステティシャン。全国47都道府県をキャリーひとつで回っている。旅/人/かわいいもの/美味しいものが好き。 現在は恋愛メディアへの寄稿、編集者としても活動。 地方創生やSNS発信者としてのゲスト登壇など幅広く活動している。