のまど間にも冬がやってきた!大山の冬ライフってどんな感じ?

こんにちわ、大山町でのノマドライフを満喫中のich(いち)です。

10月も半ばになり・・・大山町はだんだんと・・・

[voice icon=”https://i1.wp.com/www.radflumpool.com/wp/wp-content/uploads/2017/09/7f4206f7c464af575cf1ac8f914644e9.jpg?w=750″ name=”ich” type=”l”]さむーーーーい!!!!![/voice]

そう、寒いんです。なんてたって山ですからね・・・大山・・・

(すでにもう凍えそう)

 

大山町の冬はどう過ごす?

大山はもちろん「山」🗻なので、冬は雪がかなり積もります。

(時期によっては20センチ近く積もることも・・・!)

[voice icon=”https://3.bp.blogspot.com/-uZCmAVT3Lf8/VwIgXAvl6AI/AAAAAAAA5bc/X88gsQCyy0ArspXbQxVJyVx_Tk5LzNN-w/s400/question_head_girl.png” name=”” type=”l”]そんなに雪が降る大山・・・地元の人はそんな雪の日って一体なにしてるんだろう・・・?[/voice]

と、いうことで、のまど間にいる間に、大山の冬の過ごし方を聞いてみることに!

大山冬の過ごし方①:雪で遊ぶ

一番多かった回答がこちら。

そう、雪が降るならそれで遊んでしまえばいいじゃない!というポジティブな考え方で

ウインタースポーツが圧倒的人気なんですよね・・・♪

ということで、有名なウインタースポーツといえば、やっぱり「スキー」がNo.1!

大山でスキー場といえば、「大山ホワイトリゾート」

大山 スキー場 で検索すると一番初めに出てくるのが「大山ホワイトリゾート」

地元の人からも有名なこのスポットには、毎年大勢の人が各地方から訪れ、広大な大山の斜面を利用したゲレンデを一気に滑り降りるのだとか✨

引用:山陰・大山(だいせん)の旅ホームページ D-CLUBより

西日本一の規模をもつ大山リゾート。

そのゲレンデは全部で4エリアに広がり、

国際

豪円山

中の原

上の原

からそれぞれ見えるロケーションが最ッ高なんだとか・・・✨

そのあまりの絶景が、滑る人たちを思わずその場所に佇ませてしまうほどに美しく、すべてのゲレンデが各コースに隣接しているので、多彩なコースでのウインターリゾートを満喫することができるため、いろんなコースで滑ってみたい!という好奇心旺盛な方にもおすすめです😊

▶︎各リゾートの詳細はこんな感じ😊

見える景色は、弓ヶ浜、日本海、中海、島根半島・・・

そしてよく晴れた日は遠くの隠岐島までもくっきり見えるんだとか!

見下ろす海に向かってダイブするかのように滑走する姿を想像するだけで・・・

大山リゾートが別名「海の見えるゲレンデ」と呼ばれる由来もわかりますね😊

所在地 鳥取県西伯郡大山町大山
電話 だいせんホワイトリゾートサービスセンター
お問い合わせ:0859-52-2315
シーズン 12月下旬~3月下旬
リフト営業時間 9:00~17:00(土・日・祝は8:00~)
ナイター営業 上の原エリア1号リフト 17:00~21:00(土曜日のみ・2月末まで)
※気候の状況等によってもかわります。ご注意ください。
駐車場 (県立大山駐車場)
屋外駐車場(4ヶ所・530台)500円(土日祝日1,000円)/屋内駐車場(310台)1500円
(槙原駐車場)(1530台)無料
槙原駐車場から博労座の間、シャトルバスを運行します。
料金 : 往復大人200円、小学生100円(幼児無料)
期間 : 12月23日~3月中旬の年末年始、土日祝のみ運行
アクセス (車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)を大山寺方面へ博労座駐車場まで約20分。各エリアへ徒歩約5~10分
HP だいせんホワイトリゾート

 

大山での冬の過ごし方②:新鮮な大山の:食材を楽しむ

大山町は、何より食材が本当にどれも新鮮で、農家さんの愛情たっぷりに育っているものなので、

何を食べても、どれを選んでも「美味しい!」が都会とは一味違うんですよね。

のまど間から車で5分くらいのところにある道の駅
大山町はリンゴも有名なのだとか🍎美味しそう!

また、お魚も大変豊富なんですよ・・・!(山しかないんでしょ?とか言わないで😠)

こちら、今滞在している西伯群にあるシェアハウス「のまど間」から車で5分ほど走らせたところにある御来屋漁港直販店お魚センター みくりや」

では、その日採れたばかりの新鮮な魚介類が、ず、ずらり・・・・!

鳥取はなんといっても「白イカ」がめちゃめちゃ有名で美味しいのですが、みくりやのお魚はどれも新鮮なのに、めっちゃ安いんです・・・!

(まずこんなに新鮮な白イカが130円っていう時点でおかしい・・・)

この値段で販売できるのも、水揚げされてすぐに売り場に並べられる直売所ならでは!

▶︎みくりやの二階には食堂もあり、美味しい海鮮丼がたべられます・・・!

(こちらは相方が書いた記事なのでよければ読んでみてね😊)

こんな新鮮な食材で冬ならではのお鍋を囲みながら過ごす・・・っていうのも、冬ならではの行事で素敵ですよね( ﹡ˆoˆ﹡ )!

大山の冬を楽しむ③:温泉でゆっくりあったまる♡

やっぱり寒い冬に「温泉」は欠かせないですよね♡

大山にも温泉はたくさんあるのですが、その中でも特におすすめなのが豪円湯院!!

ここはね・・・絶対に行っておいた方が良いおすすめスポット♡

周りにはおしゃれなカフェもあり、観光エリアとしても有名なので、温泉に入った後に

ゆっくりお散歩がてらに観光するのもおすすめです( ﹡ˆoˆ﹡ )

天気がいい日の夕暮れはこんな絶景が見渡せることも・・・!✨

冬だからこそ、冬の魅力を満喫しよう

冬って、寒いし、雪が積もると出かけるのも億劫になって、どうしても家にこもりがち・・・

でも、そんな冬だからこその「楽しみ方」を知って、冬を満喫するのもすごく良い考え方だなと思います( ﹡ˆoˆ﹡ )

日本人に生まれたんだもの!冬を楽しまないでどうするの!

(そんなわたしは寒いのがすごく苦手だったりしますが・・・笑)

みなさんも、冬の季節に大山に来る際には、ぜひ参考にされてみてくださいね✨

旅するブロガー現在ここに滞在中…

[kanren postid=”1495″]

旅するブロガーが、地方を旅する理由についてはこちら

[kanren postid=”1305″]
ABOUT ME
ich(いち)
ich(いち)
WEBライター&エステティシャン。全国47都道府県をキャリーひとつで回っている。旅/人/かわいいもの/美味しいものが好き。 現在は恋愛メディアへの寄稿、編集者としても活動。 地方創生やSNS発信者としてのゲスト登壇など幅広く活動している。
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss