オピニオン

2019年、私は「弱さを見せられる人」になりたい

年の瀬が近付くと「ねえ、今年はどんな一年だった?」と、この一年間を振り返る機会がぐん、と増えてくるもので。

2018年、どんな一年だった?と聞かれたら、わたしは「うーんと、覚悟を決めた一年だった」と答えるだろう。

というか、覚悟を決めることが必然的にありすぎた。決断力の大切さを、身にしみて感じた一年だったと思う。

2018年の振り返り

決断という意味で、1番大きな出来事といえば、そう「洗礼を受けてクリスチャンになったこと」だろう。

教会に通って1年経つ中で、様々な心境の変化、感覚の変化があった。それでも、やっぱり、〝これまでの自分の生き方を見直して、新しい生き方を選択する〟ということは、25歳の私には、なかなか勇気のいることだった。

クリスチャンになるということ、その生き方を楽しむということ、そういうことに柔軟になる選択ができたことは、ここ数年の私の中でも、すごく大きな出来事だった。

2つ目に大きな出来事といえば、「東京に住んでいる」という今の現状にある。

住み慣れてきた居心地のよい環境を離れて、新しい場所に行く。

自分の安心する人の前でしか素を出せない私にとって、自分の安全地帯と言える場所から一歩、外へ踏み出すのは、正直、吐きそうになるくらい、怖くて、怖くて、泣きそうになるくらい、不安なことでもあった。

けれど、いつまでもそれを保っていられない状況へと、あえて自分を追い込みたかった。追い込んでみたかった。

それは、まだ見ぬ自分の未来への挑戦と、希望だったのかもしれないな、とあのときの状況を振り返って思う。

ここの決断が、確実に流れをかえたし、今の私を作っている。

だからこそ、人の決断するタイミングって、本当に面白いなぁと感じるし、それはもはや自分だけの感覚ではなく、誰かから言われた言葉が無性に心に刺さったり、心の奥から湧き出るエネルギーに背中を押されたりするのは、ものすごく不思議なことだと思える1年になった。

2019年の新しい目標

さてさて、1年の振り返りが決断だったと知った今、新しく2019年の目標を立てようと思った時、私の中に新しく生まれたワードは、「弱さを見せられる人でありたい」だった。

いや、実際には、Webライターとしてバリバリ活躍していくぞ!とか、クリスチャンとして発信していくぞ!とか、なんかもっとこう、野心みたいなものもあるのだけど。

けれど、その野心みたいなものと比例して「自分の本当に望む自分」へ近付くこと、近づけることのために必要なのは「バリバリ稼ぐ」とか「めっちゃいい家に住む!」のような、見栄みたいなものではないことに、昨年あたりからはもう、すでに気付き始めていて。

だからこそ、2019年は、変化を求めながらも、もっと自分のことをさらけ出していきたい。

過去のこと、今のこと、抱えること、気持ち…そういうひとつひとつを大切に、見逃さないように、大きな変化にぐるぐると飲まれながらも、私の軸はぶらさずに。

お金はもちろん必要だけど、本当に大切な時に、大切な人のために払えるお金があれば、それで充分なんだと思うからこそ、私は、もう純粋に、素直に、楽しいことを伸び伸びと生きていきたい、とおもっている。

自分がバカになれるくらい、かっこいい大人になりたい。

こんなことを書けば、私の両親や、そのくらいの世代の人には、「そんなの無理だろう」とか「仕事は遊びじゃないんだぞ」なんて言われると思う。

でもね、お父さんお母さん、私は、遊びを仕事にしている人を知ってるよ。遊びを仕事にして、仕事にどんどん熱を持って頑張る人たちを知っている。

そんなかっこいい大人を見たら、自分もそうなりたいって思っちゃうじゃないですか。

そんなかっこいい大人がいるから、今の自分の中にある世界だけにとらわれずに、いろんな考え・価値観を知ることができる。それって私にとって、ものすごく幸せなこと。

だからね、そんなかっこいい大人たちに「頑張れよ若者!」って笑われるうちは、きっとまだまだなんだと思う。そんなかっこいい大人たちに、ちょっとでも近づけるように、私は私の最善を、尽くしていきたいな。

そんな独り言を残して、2018年は終わろうと思います。

私に関わってくれた全ての人たち、そして、私の大切な人たちに、ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年も受け付けています】お仕事依頼はこちらから

【記事内の写真】…photographer松山歓己

ABOUT ME
ich(いち)
ich(いち)
WEBライター&エステティシャン。全国47都道府県をキャリーひとつで回っている。旅/人/かわいいもの/美味しいものが好き。 現在は恋愛メディアへの寄稿、編集者としても活動。 地方創生やSNS発信者としてのゲスト登壇など幅広く活動している。