お役立ち

【夜行バスで眠れない人へ】100回以上乗車した私が教える快適に過ごすコツ

様々な旅行先へと私たちを運んでくれる夜行バス。値段も安価のため、利用する人も多い反面、こんな悩みを抱えてはいませんか?

  • 初めて夜行バスに乗るんだけど、眠れるか不安…
  • 夜行バスではいつも眠れない
  • 快適に過ごすためのコツが知りたい!

実際に「夜行バスって本当に眠れるの?」いう質問も多くいただくのですが、結論、しっかりコツを掴めば、眠れるようになります。

でもそれには、初心者でも必ず押さえておきたいポイントがあるんです!

この記事では、総乗車数100回以上を超える夜行バスマニアの私が、その押さえておきたいポイントについて解説します!「夜行バスでもぐっすり眠りたい!」という方は、ぜひ参考にされてみてくださいね。

夜行バスでぐっすり眠るためのコツ①

夜行バスはまず、「バス会社選び」が何よりも大切

夜行バスのバス会社を選ぶとき、一番安いバスに乗りたいから!と比較サイトなどを参考にバス選びをされる方も多いと思います。しかし、このバス会社選びを失敗してしまうと、バスでの快適な旅は残念ながら保証されません。

自分が思っている以上に、最初のバス会社選びは重要なのです。

夜行バスではどんなバス会社を選べばいいの?

まず私がオススメしたいのが、「VIPライナー」です。もし自分の乗車場所からVIPライナーのバスが出ていたら、迷わずこの会社を選択してください。

ich
ich
ここのバス会社さんは、夜行バスの中でもトップクラスのクオリティ。まず選んで間違い無いです。

その理由は、フルリクライニング制度を導入していること!

フルリクライニング制度とは、車内で一斉にリクライニングを倒すように放送してくれると言うVIPライナーオリジナルのサービス。

なかなか後ろの人に「リクライニング倒していいですか?」と聞けない人でも、VIPライナーならマイク放送後、一斉にみんなでリクライニングを倒すので、ほぼフルフラットな状態で眠りにつくことができます。

ich
ich
これまで利用してきたどの会社よりも、VIPライナーの夜行バスは快適でした!

VIPライナー以外のバス会社でおすすめは?

では、VIPライナーのバス会社が無い場合はどうすればいいの?という声が聞こえてきそうですが、そんな時はまず「座席指定」ができるバスを選びましょう!

調べてみたところ、以下のバス会社では座席指定をすることが可能でした。

  • ハイウェイバスドットコム
  • 高速バスネット
  • WILLER TRAVEL
  • バスぷらざ
  • 発車オーライネット
  • さくら観光
  • 高速バスドットコム
  • 京浜急行バス
  • VIPライナー
  • 杉崎観光バス
  • 近鉄バス

たくさんのバス会社の中からより安いバスを探したい!という方には「skyticket」が一覧でまとめて検索できるので、おすすめですよ^^

詳しくは下記のサイトをチェックしてね
格安高速バス予約【skyticket】

座席指定はどこを選べばいいの?

座席指定の追加料金は平均500円ほどなのですが、これで一番後ろの席を確保することをおすすめします。

ich
ich
普通のバスだとどうしてもフルリクライニングは難しいので、この方法で一番後ろの席を取ることで、後ろの人を気にすることなく席を倒せます。

「追加料金がもったいないから…」と侮ることなかれ。稀に指定なしでも一番後ろになることはありますが、乗車回数100回以上でも座席指定なしで後ろに座れたのは3回程度。ここは運に任せるよりも、確実に眠れる席を狙いに行きましょう!

夜行バスでぐっすり眠るためのコツ②

眠れるグッズを備えるべし

夜行バスでぐっすり眠るためには、眠れるグッズ(ネックピローやアイマスクなど)が必須です!

バス会社によってはサービスでもともと備わっているところもあるのですが、確実ではない&料金によっても差が出てくるので、自分で事前に備えておくことで当日も安心して眠ることができますよ。

おすすめの安眠グッズたちはこれだ!

ネックピロー

私が実際に愛用しているネックピローがこちら。ポイントは「折りたためる」「コンパクトに持ち運びができる」「息を吹き込む必要がない」の3点。

実は以前は無印良品のものを使っていたのですが、折りたたむことができないタイプの枕のため、持ち運びにかなり苦労した思い出があるのです…。

このネックピローは丸めてストン、と専用の袋に収納することができるので本当に便利で楽チン!息を吹き込む必要はなく、付いている丸いポンプを押すことで膨らみ、戻す時もタッチ一つで簡単です。

アイマスク

無難な使い切りタイプのアイマスク。これ、一つあるとないとじゃ全然違います。

目元を温めてくれるので、冷房などで冷えがちな車内でも快適に過ごすことができますよ。

香りタイプとそうでないものがありますが、夜行バスでは香り付きがおすすめ。普段は寝付けないような空間で眠るためには、香りや温かさなど、眠りに導入してくれるものをより多く身につけていた方が良いです。

Bluetoothイヤホン

バスの車内では音楽を聴いてゆっくりリラックスしながら眠る人が多くいます。これは耳栓の代わりになるだけではなく、狭い車内でも快適に過ごすためのコツのひとつ。

ただ、線があるタイプのイヤホンだと寝ているうちに絡まってしまったり、片方取れてしまうこともあるので、できれば車内ではBluetoothで繋げるタイプのものがおすすめです。

濡れマスク

バスの車内は、自分が想像している以上にエアコンなどでの乾燥が起こります。マスクを着用するのをおすすめしますが、一番良いのは濡れマスク。ドラッグストアやコンビニでも手に入るので、事前に用意できなくてもバスの休憩所などで購入することができます。

まとめ:夜行バスで選ぶならVIPライナーがおすすめ

色々とご紹介しましたが、やはり夜行バスで眠りたいなら「眠れる」バス会社をきちんと選ぶことをおすすめします。

VIPライナーを予約できたのであれば、もうほぼ100%眠れるといっても過言ではありませんね。それくらい、いつ利用しても気持ちよく過ごすことのできる大好きな高速バスです^^

ただ、もしも自分の利用できる地域でVIPライナーがない!という方は、おすすめの安眠グッズを揃えた上で、座席指定で一番後ろを選ぶことをオススメします。きっとこれまでの苦痛が嘘のように、快適に眠れること間違いなし、ですよ。

ich
ich
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

また更新します^^いちでした〜!

ABOUT ME
ich(いち)
ich(いち)
WEBライター&エステティシャン。全国47都道府県をキャリーひとつで回っている。旅/人/かわいいもの/美味しいものが好き。 現在は恋愛メディアへの寄稿、編集者としても活動。 地方創生やSNS発信者としてのゲスト登壇など幅広く活動している。