お役立ち

【2019年】リゾートキャバクラで稼ぐって?メリット・デメリットを大公開!

もうすぐ長期休み!という事で、この時期は思い切ってリゾートバイトを検討している人も多いのではないでしょうか?

この記事では、実際に私が去年リゾートバイト(リゾキャバ)を経験して学んだメリット・デメリットを大公開します!

 

リゾートキャバクラのメリット

とにかく時給が高い

リゾートキャバクラはとにかく時給が他のバイトに比べて高いです。そのお値段、なんと平均2000円程度。1日5時間働けば1万円が手に入ります。

他のリゾートバイトの時給は高くても900円程度なので、比べてみてもその差は歴然ですよね。私の周りでも、平均20万円ほどは稼いでいる子が多かったです。

年齢は意外と関係ない

私は去年25歳でリゾキャバに参加しましたが、30代の方もちらほらいましたし、39歳くらいまではどのお店でも一人はいるといった感じで、あまり年齢は関係ありません。

キャバクラってどうしてもキャピキャピした若い人しか売れないイメージがあったのですが、離島キャバクラになると色んな年齢層やキャラクターの人がいて、それがより一層お店を引き立たせて良い影響をもたらすそうです。

家賃・交通費はかからない場合がほとんど

宿は基本的にお店のすぐそばに用意されていることがほとんどで、家賃もかかりません。(光熱費だけ別にとるところもあります。)

また、交通費に関してもリゾキャバの場合は負担してくれるお店も多いので、実質稼いだお金はそのまま全部自分で好きに使える!という状態で働けるんですよね。

これは何より最高のポイントでした。

ご飯代も意外とかからない

ご飯に関しては、基本自炊か外食になります。が、外食の場合はお店で知り合ったお客さんがアフター(お店の後に違うお店でデートすること)に誘ってくれたり、お昼にご飯に誘ってくれたりするので、全て支払ってくれることがほとんどでした。

もちろん毎日自炊する人はこれより安いですし、1ヶ月1万円ほどあれば、全部まかなえてしまう形でしたね。これも意外に嬉しいポイントでした。

昼間は自由行動。海に行ったりカフェに行ったり観光客として遊べる

リゾキャバのメリットとして、出勤時間が遅い(大体午後19時以降〜)ことが挙げられます。そのため、お昼は何をしても自由!

前日働いて疲れたら、そのままお昼まで寝ていることもできますし、友達や知り合ったお店の女の子とカフェに行ったり、海でダイビングをしたり…。普通の観光客と同じような気分、いや、時にそれ以上に、その場所の暮らしを満喫することができます。

ノルマなし。基本ゆるいところが多い

都会のキャバクラのように「ノルマ!」「指名料!」などと言ってくるところはほぼありません。それゆえ女子同士の派閥も皆無。みんな平和に、のんびーり楽しくおしゃべりしているキャバクラが多いです。

友達ができる

リゾキャバにきている女の子は、基本的に同じ匂いを漂わせているので(旅好きだったりお金を貯めてどこかに行きたかったり)仲良くなる人も多いです。実際私も去年の友達とは今も繋がって、たまにラインなどでやりとりしますし、遊びに出かけたり、中にはルームシェアをするほど仲良くなったりする子もいました…!

ここでしか出会えない出会いがある、というのは、リゾキャバにきてよかったなと思える一番の理由ですね^^

お酒が飲めない・知識がなくても問題なし

お酒が飲めなかったり、夜のお店の経験がなくて知識がない〜という人もいますが、問題ありません。

お酒は基本的にお店の人が作って出してくれるので、こちらが何かする必要はないですし、自分のお酒も自分で作るか、指定できる(お水やジュースなど)お店も多いので、そんなに心配する必要はないでしょう。

リゾートキャバクラのデメリット

飽きてくるとしんどい

最初は慣れないことが沢山あったり、周りの関係なども構築していく時期なのであっという間に時間がすぎるのですが、慣れてくると飽きがきて、時間が長く感じたりします(笑)

でもこれはどの仕事でも一緒だと思うので、「海が好きだから昼間は泳ぐ!」とか「好きなだけ寝る!」とか「終わったら○○にお金を使う!」など、目標を持って離島にくれば大丈夫かなと思います。

タバコを吸う人が多い

当たり前ですが、キャバクラはお酒とタバコがつきもの。お酒は飲めなくても大丈夫ですが、タバコに関しては防ぎようがありません。

自分もタバコを吸う人なら特に問題はないと思いますが、タバコを吸わない人やタバコの匂いがきついという人にとっては少ししんどいかも。

ナンパされたり遊びに誘われることもある

キャバクラにくるお客さんとリゾキャバ嬢が付き合うというのは、リゾートバイト中、意外とよくあるパターンだったりします

ich
ich
実際に私も去年2ヶ月リゾキャバをして、最初の1ヶ月で彼氏ができました(笑)

なのでお客さんの中にも、割と本気で彼女を狙いに来ていたり、女の子と出会いたい!という人も多いです。リゾキャバ中は色んな人から誘いがあるので、うまく断る術を身につけましょう(笑)

しかし、誰も知り合いがいない!という中で遊んでくれる友達ができるという点ではメリットにもなる点のひとつでもあるので、うまく両立できると良いですね。

ich
ich
基本的にはメリットがありすぎて、デメリットとして浮かぶのはこのくらいでした…w

 

リゾキャバのポイントは「相性の良い」お店を探すこと

実際に私が去年リゾキャバを経験して一番大切だと思ったポイントはここでした。

私は友達の紹介でリゾキャバについてよくわからないまま入店したのですが、人によっては合う・合わないお店というのがあり、移動する人も多くいました。私も結局去年だけで3店舗はお店を回ったのですが、どこのお店もやり方や来るお客さんの年齢層が違っていたので、お店選びは重要なポイントになります。

相性の良いお店ってどうやって探せばいいの?

おすすめは実際に店舗に行く前に、そこで働いている人に話を聞くことなのですが、知り合いや友達がいないお店ではそれも難しいですよね。そこで要になるのが、お店を紹介してくれる仲介業者、つまりリゾートバイトを紹介してくれる大手サービスのサポートを受けることです。

 

リゾートバイトを紹介してくれる大手サービス

リゾートバイト.comはたらくどっとこむは案件数が多く人気のサイトですが、「まずは色々と相談して決めたい…」というリゾキャバ初心者さんには、リゾバ.com がおすすめです。

担当者さんが1から親身になって話を聞いてくれるので、リゾートバイト自体初めてという人でも大丈夫^^応募はクリックひとつで簡単なので、ぜひ登録してみてくださいね^^

 

一人が不安なら友達との参加もおすすめ!

「一人でリゾキャバは不安…」という人は、ぜひ仲の良い友達を誘って一緒に行くことをお勧めします。生活は基本的に寮や宿を提供してもらえるので、友達が既にいる状態だと心強いですし、何より友達がいることで普通の生活でも旅行客気分が味わえますよ〜!

リゾキャバはお金も貯まって観光もできる!

去年リゾキャバに初めて参加してみて、事実お金もしっかり貯めることができました。何より、そこで出会った友達と一緒に夏の海に飛び込んだり、ダイビングを経験したり、カフェに行ったり…と、そこでしかできない体験ができたことは、何より楽しかったですね。

せっかくお金を稼ぐなら、楽しく、効率よく働きたい!という人には、リゾートバイトよりもリゾキャバをオススメします!

あなたのリゾートバイトライフが素敵なものになりますように^^いちでした!

また更新します〜♩

ABOUT ME
ich(いち)
ich(いち)
WEBライター&エステティシャン。全国47都道府県をキャリーひとつで回っている。旅/人/かわいいもの/美味しいものが好き。 現在は恋愛メディアへの寄稿、編集者としても活動。 地方創生やSNS発信者としてのゲスト登壇など幅広く活動している。