ライター

【旅するWEBライター】キャリーひとつで身軽に旅する|私が求めた理想の暮らし。

こんにちわ、「地方を旅する」WEBライターのich(いち)です。

ich
ich
地方を旅しながら暮らしています!

というと、必ず

そんなこと可能なんですか?

と質問を受けるのですが、結論:やりたいからやってます。と答える他ないんですよねぇ。

でも、私も数年前までは、まさか自分が地方を旅しながら生活できるなんて、これっぽっちも思っていなかったんです。

そこで今回は、私が旅暮らしをする中で学んだ「WEBライターとしての暮らし」そして、「コミュニティを持つ」という考え方についてお話ししようと思います。

こんな人におすすめの記事だよ
  • 旅に興味がある
  • 地方暮らしに興味がある
  • フリーランスとして独立したい
  • 家を持たない暮らしがしたい

実際どうやって生活してるの?

まず、生活面(特に経済面)に関してから。

まず旅をしながら生活するにあたって必ず外せないものは、以下の3つです。

  • 交通費
  • 宿泊費
  • 食費

私の場合は、ここに固定費(月3万〜6万円ほど)の支払いが入ってくるわけですが、減らせるものは極力減らしておいた方が良いです。(年金、保険、奨学金、住民税なども含む)

それは決して食事代をケチったり、極貧生活を送りなさい!というわけではなく、どうすれば少しでも安く目的を達成できるのかを知恵を使って考える、ということです。

移動手段は、「最安値」のルートを知っておく

以前、東京→福岡にいく用事があったのですが、夜行バスを直前にとるよりも、ルートを変更して東京→(大阪)→福岡 で検索した方が、最初の値段より半額以上安くなった経験があります。

このように、同じ目的地にいくとしても、そのルートを何パターンか考えて比較することで、最初よりも安い値段で移動できるんですよね。

なんかそういうの、ケチくさくない?

という人もいますが、私は知恵を絞って少しでもお金が節約できるなら、その方がいいと考えています。

ich
ich
だって、交通費なんて目的地さえ合っていれば可能な限り安いほうがいいじゃないですか?

私の友達にも、移動は必ずヒッチハイクで行っている、とか、自転車で日本横断!とか、様々な人がいるので、旅するスタイル(特に交通費)に関しては、知恵をつけておいてまず間違いなし!だと思います。

等価交換できるものは交渉しよう

私はライター、ブロガーとして「自分の文章」を発信力として武器にしています。

実際、青森や秋田、鳥取を旅したときも、SNS(特にTwitter)のフォロワーさんの人数によって割引をして頂いたり、発信をする代わりに無料で泊まらせて頂いたりなど、この発信力の恩恵をかなり受けてきたと感じています。

またどうしても宿がないときは、知り合いや友人をあたったり、一泊1000円〜泊まれるゲストハウスなどを利用することも多いです。

また、最近では#シェアハウスアンバサダーとして、SNSでの発信力を活かして3ヶ月間の家賃無料滞在をさせて頂きました。

たくさんのあたたかい仲間たちと、幸せな暮らしを満喫することができ、私自身もとても楽しく生活させてもらったんですよね…。

 

等価交換をする際に大切なのは、自分の得意とするスキルが相手の要望を叶えて、幸せな結果を生み出せるかどうかだと思います。

私は文章を書く、という一つのスキルだったけれど、デザイナーさんが不足していたり、WEBスキルのある若者を呼びたい!という場所もまだまだ沢山あるはずです。

もし等価交換をしたいと感じているのなら、あなたの今持っているスキルをしっかり磨くことも大切ではないでしょうか。

どこでもできる仕事は、最大の武器になる

ライターという仕事は、住む場所も、働く場所も選びません。自分の好きなところで、自分の好きな時に働けるという最大のメリットは、何よりも最大の武器だと思っています。

もしも今、あなたが将来旅暮らしをしたり、家を持たずに働きたい!と思っているのなら、「どこでも出来る仕事」を身に付けておくことは「旅暮らし」において最も重要なことのひとつです。

どんな仕事をすればいいの?と悩んでいる人は、私が以前仕事を辞める時に書いたこちらの記事も、合わせて参考にしてみてくださいね。

コミュニティを複数持つことの大切さ

最後に、旅をしながら暮らす中で思う「コミュニティ」の大切さについて。旅暮らしということは、出会う人が多い分、さよならを重ねる数も多いということ。

けれど、それだけ「おかえり」を言ってくれる場所も増えているなと、私はこの一年を振り返って思うのです。

いまだに連絡を取り合う友人もいれば、何か大切な時だけ連絡を交わしたり、SNS上でフォローし合っている知り合いもいますが、それでも何かあった時「最近どうしてる?」と言える人がいることを、私は幸せと思います。

1つのコミュニティにじっくり関わる大切さもあれば、様々な場所を転々としながら、複数のコミュニティを回る面白さもある。そのどちらも人生に必要で、今は複数のコミュニティを回る楽しさを、満喫させてもらっているなと感じるのです。

今後はひとつ「ただいま」と言える拠点を持ちたい

さて、地方を旅しながら暮らしている現在、今後の夢は?と聞かれた時に思うのは、いつでも「ただいま」を言ってもいい拠点を、ひとつだけ持っていたいなということです。

そこに移住するかどうか…は、住んでみないとわからない。けれど、そこに拠点を持ちながら全国や世界を旅するのもきっと面白いし、いつでも「帰っていい場所」があるのは、やっぱり嬉しいし、楽しい気がする。

家を持つ!・・・とまで行かなくても、「ここに住みたい」と思える確固たる場所が見つかればいいなと思っています。

地方を旅しながら暮らせますか?の答えは、間違いなく「イエス」です。

でもそれには、あなたのやりたい!という意志と、働きながら暮らせる環境づくりが必要だということ。そして、その夢を叶えるために、今からできることをコツコツ積み重ねることが大切です。

フリーランスという働き方について色々聞きたい!という方は、2019年3月〜4月までの1ヶ月、私が講師を務める「田舎フリーランス養成講座」を受講することをおすすめしますよ(^○^)🔻

 

講師として参加する機会は今後多くはないので、ぜひこの機会をチャンスとして、参加してもらえれば嬉しいです。それでは、また更新します〜!

ABOUT ME
ich(いち)
ich(いち)
WEBライター&エステティシャン。全国47都道府県をキャリーひとつで回っている。旅/人/かわいいもの/美味しいものが好き。 現在は恋愛メディアへの寄稿、編集者としても活動。 地方創生やSNS発信者としてのゲスト登壇など幅広く活動している。